オレオレ詐欺(古)の 犯人の女に父親に間違われて超上から目線で 説教された

弟が声が低すぎて、弟宛てにかけてきたオレオレ詐欺(古)の
犯人の女に父親に間違われて超上から目線で
説教された。

当時、半年くらい前から変な所から
頻繁に弟宛てに電話がかかってきてた。
毎回同じ変なヒーリングミュージックがかかって、
後ろでざわざわ大勢の人が話してて、
毎回違う人間(皆若い)が

「T君(弟)居ますか?」

スポンサーリンク

と言う。
在宅時は本人に代わろうとすると

「あ、いいです、じゃ」

不在時に伝言言付かりましょうか?
と言うとやっぱり

「あ、いいです、じゃ」

で切る。
気持ち悪いからNDに替えようか
家族と相談してたある日。
弟と自分の2人で留守番してたら電話がかかってきた。
弟が出て、何か長い間話してるなと思ったら
受話器叩きつけて興奮してる。

スポンサーリンク

↓弟から聞いた話。

弟「はい〇〇です」

女「あ、Tさんいらっしゃいます?」

いつもの怪しい電話だったので、
弟は名乗らずに

弟「Tになんの用ですか?」

女「(勝手に勘違い)お父様?Tさんの彼女です!ウフフ」

弟「彼女なんか居ませんよ?」

女「お父様は頭が古いんですね♪
男女の仲は複雑なんですよ?私はTさんとお付き合いして
現在妊娠中なんですよ?お分かりになりますぅ?」

弟は声が低い。電話に出ると、
元接客業の父の方が遥かに声が若いwww

弟「彼女なら声わかんない?本人なんだけど?
お付き合いなんてしてます?知らないんですけど?
あなた誰です?」

女「?!嘘でしょ?!騙すなんてサイッテー!!」

・・・本人名乗ったら逆ギレして電話が切れたそうな。

あれから変な電話は来なくなった。
傷ついた弟は電話に出る声が少し高くなりましたwww

スポンサーリンク