今の時代なら間違いなく ニュースや新聞に載っていただろうと思います。相手は父です。

私は20年近く前に傷害事件を起こした事があります
未成年で、相手が亡くならず、
尚且つ正当防衛だったので大事にはなりませんでしたが、
今の時代なら間違いなく
ニュースや新聞に載っていただろうと思います
その相手というのは実の父親です
酒のみで自己中心的、
気に入らないことがあったら暴れて
母や私をよく叩きました

スポンサーリンク

その日は2月でした
まだ私が中学2年生の時です
その日父は出たばかりの給料をもって車で出かけました
母はどこか淋しそうにしていましたが、
いつもの喧嘩だろうか?と軽く考えていました
この時点で私もマヒしていたんだと思います

夜21時過ぎだったでしょうか
母が顔色を変えて外から走ってきました
「すぐに逃げよう!」といい
私の手を引き裏の山へ引っ張っていきました
どうしたのだろう、と考えていると
母がポツリと語り始めました

父が遅いので駐車場を見に行ったら助手席に女の人がいた、
腹が立って石で窓を叩いて逃げてきたと言います
母が父にこういう歯向かい方をするのは珍しく、
今までの積もりに積もったものが爆発したんだと思います

すぐに家の方から父の怒鳴り声が聞こえ、
家の窓ガラスを叩き割る音が聞こえました
近所の人たちももう慣れてしまって
誰も警察を呼んでもくれない、
父に何をされるか分からないと考えていたのでしょう
ガラスの割れる音に続いて飼い犬の悲鳴が聞こえ、
いてもたってもいられず私が家に飛んで帰りました

父は顔を真っ赤にして
しきりに「〇〇(母の名前)はどこだ!」
と怒鳴っていました。
足元には怪我をしたのかもがいている飼い犬の姿が

我を忘れて父に飛び掛かりましたが、
若いころはレスラーをしていた父に
男ではあるとはいえ中学生で勝てるはずもなく叩かれました

母もすぐに応戦してくれましたが、
細腕で喧嘩もしたことない母は
簡単に倒され叩かれました

そのうち母がぐったりと倒れました
それでもやめない父を本気でしなせたいと思い、
部屋の中に飛んで帰り
得物を持って庭へ駆け出しました

「しなせないと自分がしぬ」と考えていたので、
何度も攻撃していると父が逃げ出しました

追いかけてしなせようと思いましたが、
母が心配ですぐに家の電話から救急車を呼びました
「母が父に叩かれてしんでしまう」
と説明したからなのか、
近所の人が通報したのか、
救急車と一緒に警察が来ました

その時には母も何とか身を起こせていましたが、
危ない状態だったそうです
警察官は当初私が母を攻撃したのではないか、
と聞いてきましたが、母が
「父親から私を守った」と言ってくれたので
疑いは晴れました

が、得物も私の手も汚れてましたので
「もしかしてお父さんを?」と聞かれたので
「しなせと思います」と答えました

すぐに警察官が跡を辿って父を探すと
車の側でうずくまっていたそうです
父はしにはしませんでした

母も重症でしたが命に別状はなく、
母方の祖父母や親類が飛んできて
「なぜ相談しなかった!」と怒っていました

私はその後警察に連れていかれ、
3日間ほど聴取を受けましたが
近所の方の証言や
度重なるDVで心身ともに衰弱していたことや
母と自分を守るための正当防衛などが認められ
罪には問われませんでした

その後両親は無事離婚し
私は母と共に母の田舎へ引っ越しました
中学校ではすぐにう噂が広がり、
周りは皆同情してくれましたが
その頃の私にはそれがとても辛かったんですね

父の報復の恐れもありましたので、
少しでも味方の多い地域へ・・・というのは
当然だったかもしれません

スポンサーリンク

今日父が施設でしんだと祖父母に連絡がありました
数年前に酒の飲みすぎで
脳梗塞から認知症になっていたそうです
父方の祖父母から
「葬式もしないから気にすることはない、
一応知らせたくらいだから。
私に今度遊びに来なさい、と伝えてください」
と言われたそうです

今ほど、私は心から
人のシを喜んでいる瞬間はないと思います
事件から20年近くたった今でも、
気分が沈むと当時の事を思い出したりして
苦しかったのですが、
今日、心が解放された気がします

母は少し悲しんでいるようですが、
悲しんであげられる母を私はすごいなと思いますね

今まで誰にも話したことがない話ですが、
今日ここ吐き出せてよかったように思います
今後語ることはもうないと思います
お目汚し失礼しました

犬は足を怪我していました
その後すぐに動物病院に入院し、
母方の祖父母が引き取ってくれ
私たちよりも先に引っ越していました
それから6年後に大往生するかたちで息を引き取りました
確か12歳だったかともいます

足の方は寒い日には傷むようでしたが、
それでも大好きなフリスビーを追いかけられるくらいには
元気になっていました

名前は「ポコ」と言います
タヌキの様な顔をした中型犬でした
ポコを気遣ってくださってありがとうございます

母方の祖父母にも
「お前が罪を負うようなことにならなくてよかった」
と泣かれましたが、
その時はもうこれしかないと思っていました

酒が入らなければ
少し言葉遣いの荒い程度の人間でしたが、
酒が入るととにかく酷かったです
家の中がひっくり返るほど暴れて色々なものを壊し、
翌朝にはケロっとした顔で仕事に行く人でした

今は私も母もあの頃が嘘のように明るく暮らせています

こんなオチもなにもない話ですが、
この話を読んで同じような境遇の人が
少しでもその不条理から離れる
手助けになればと思います

私のように解決するのではなく、
今は昔よりも手助けしてくれる機関などが
多くありますから、
まずはそういう所に相談する
きっかけになればいいかなと思います

犬の名前はポコといいます
その後6年間大きな怪我も病気もなく
大往生で息を引き取りました

祖父母や近所の人たちにも沢山かわいがってもらって、
環境の変化で体調も崩さず塞ぎがちだった
私の支えになってくれました
沢山の人がポコの身を案じてくれていたようで、
ポコも天国で喜んでくれていると思います
ありがとうございます

最後に、父方の祖父母は父と違い、
私と母に大変よくしてくださいました
この事件が発覚した後も、父を強く非難し
一歩でも近くに来れば即通報するとしたほどでした
私と母には言葉で表せられないほどよくしてくれました

大学のお金も父方の祖父母が、
車も祖父が乗っていたものをくれたりと、
私の一生を左右する大事な時期には
父に代わりしっかりと支えてくれました
まだ二人とも元気で、
孫の顔が見たいと言える立場ではないけど、
また遊びに来てほしいと先日別れ際に話してきました

それから母ですが、あの事件まで結婚してから17年、
私が生まれてから14年、
私を守るためにずっと身を粉にしてくれていました
あの日の事を何度も母は謝罪しましたが、
あれはなるべくしてなった事だと考えています

14年間母に溜まった黒い感情を
否定することは決してしたくありませんし、
ひとりの人間として全てを捧げるようなことは
してほしくはありません
母も年を取りましたが、
これからも楽しく生きていってほしいと思います

長々と失礼しました、
これにて読み手に戻らせていただきたいと思います
つまらない話を聞いていただき、
また吐き出す場を提供していただき
ありがとうございました

スポンサーリンク