同僚夫婦を泊めたら奥さんから手紙が「あなたたち夫婦が社交的だからって、」

旦那の仲の良い同期の男性がいて(Aさんとします)
そのAさんは転勤があって地方の営業所勤務、
旦那は本社勤務なため
本社出張の折りには、我が家に泊まることが何度かあった。
Aさんは話も面白いし、気配りもできる人なので
泊まりにくることには何も不満はなく、
いつも楽しく過ごしていた。

Aさんは20代で一度結婚したけど
奥さんが転勤生活に馴染めなかったらしく
鬱になり数年で離婚していた。
以来独身だったが、40代半ばで2つ年下の女性と再婚。
お互いバツイチで披露宴もしなかった為、
再婚相手を紹介したいとの事で
本社出張の時に夫婦で上京し、
泊まりに行ってもいいかと連絡があった。

スポンサーリンク

Aさんの新しい奥さんに私も会いたいと思ったし、
夫婦で大歓迎だった。
ちなみに我が家は3LDKのマンション住まいで
互いの両親が泊まることもあったので、1部屋は客間にしていた。
子供もいないし、ひとりがふたりになった所で問題はなかった。

当日は結婚祝いも兼ねるつもりで、
お祝いのケーキも用意してもてなした。
で、連れてきた奥さんはとても大人しい人で
殆どしゃべらず聞き役だった。
料理もあまり食べなかったので「どうぞ」勧めたんだ。
そしたら「こういう料理、苦手で・・・」って。

出したのはローストビーフとかキッシュとか
ミモザサラダとか7~8品で
普通にホームパーティっぽいものばかりだったから
和食の方が良かったかな?と思った。

そしてそんなふうに言われたので、
翌朝は旅館の朝食っぽく用意したんだ。
焼鮭、卵焼き、根菜の胡麻和え、
なめこおろし、お味噌汁って。
そしたら「朝はパン食なんです」って言うから
「良かったらトースト焼きましょうか?」
って言ったんだけど「いいです」って。
そしてよそったごはんの半分と鮭をつついただけだった。

さすがにAさん、
そんな奥さんにちょっとイラっとした様子で
いつも以上にウマいウマい言いながら食べてくれたけど。

帰ったあと「あの奥さんの何が良かったのかしらね」
って旦那に言ったら
「父親が転勤族だったから
転勤には慣れてるって言われたらしいんだよな」って。
なんでも田舎じゃなかなかお見合いしても
転勤族と聞くと断られるらしくて
それが新鮮だったとかなんとか言ってたらしい。

スポンサーリンク

転勤族なら尚更人柄が合わなきゃ無理じゃないのかなぁと、
Aさんは良い人だけど、
ちょっと女性を見る目が甘いのかなと思った。
とにかく、今後Aさんとは
これまで通りお付き合いしたいけど
家族ぐるみでってのはキツイと思ってた。

そしてAさんたちが帰って一週間ぐらい経った頃のこと、
奥さんから私宛に封書が届いた。
それに書いてあった内容に絶句。

『あの日は元々行きたくなかった。
結婚したからと言って何故友人夫婦の家にまで
挨拶に行かなければならないのかと疑問だ。
しかも泊まりで。
今後もし又、Aさんから
お泊りの申し込みがあったら断ってほしい。
(Aさんひとりの場合でもなのか、
夫婦で泊まりの場合だけなのかは書いてない)
あなたたち夫婦が社交的だからって、
どこの夫婦もそうだとは思わないでほしい』
と言うようなことが書いてあった。

それを読んだとき、何故それを私に言う?
そんなこと、夫婦間で話し合い
解決すべきことでしょう?と思った。
行きたくないなら自分で断ればいいし、
Aさんが強引なのだとしてもそれは夫婦の問題だし。

携帯番号もメアドも何も交換なんてしてないから、
おそらく過去の年賀状でも漁って、
うちの住所を探り出し送ってきたんだろうが
その執念にも引いた。

Aさん、なんて人と結婚したんだよーとも思った。

旦那が帰宅して、その手紙を見せた。
で、「どうする?Aさんに話す?黙っとく?」って聞いたら
首都圏の営業所に異動するって話があるらしくて
近くなれば今までより会う機会も増えるし、
たぶん今度はうちに来いなんてことも言いそうだ。
困ったなぁ・・・ってなって、
とりあえず辞令が出るのが翌春だから
内示でも出たらその時話そうってことになった。

すぐ話すことも考えたんだけど、
うちに泊まった翌日にAさんから電話があって
奥さんの言動について喧嘩になったとか聞いてたから
今話すのは火に油を注ぐことににもなりかねないしって。

が、結局Aさんに話すことは無かった。
数か月後、まだ40代の若さで心筋梗塞で亡くなったんだ。
人のシに関連してこんなこと言っちゃ悪いんだけど
あの奥さんが疫病神にしか見えない。
Aさんとは私とも長い付き合いになってたし
最後の最後に会った日の思い出が
あんなふうだったことがすごく悔しい。

スポンサーリンク