自分のことを美少女だと勘違いしてた。勘違いしたまま好きな男子に告白。

中学生の頃、多分家の鏡が
壊れていたんだと思うけど、
自分のことを美少女だと勘違いしてた。
モデル歩きとかウインクとかやりまくってた。
そして勘違いしたまま好きな男子に告白。

「好きでもなんでもないけど
付き合ってあげてもいいわよ」

みたいなことを言ったと思う。
彼は苦笑いしたまま固まってたんだけど、
その瞬間を口が窒素より軽い奴に
目撃されたせいで一気に針の筵に。
主に男子からブスブス言われまくり、
少しずつ洗脳は解けていった。

スポンサーリンク

数年後、私はメイクを覚えた。
といってもぱっちり二重で豚鼻おちょぼ口輪郭難という
化粧という魔法がまるで効かない顔面だったから、
若干清潔感のあるブスになっただけ。
それでもとんでもない美人になったような気分になった。
私は美しくなったのよ!と本気で思っていた。
洗脳が解けた今でもマスクをすれば
美少女だと思っているから、
余計勘違いに拍車をかけたと思う。

ある日、数少ない友人と行った
カラオケでとある歌が歌われていた。
端的に歌詞の内容を書くと、昔の恋人にこっぴどく
振られた女性が美しく大変身してモテモテな
魔性の女になるというもの。
歌詞に出てくる

スポンサーリンク

「あなたのおかげで今の美しい私がいる。
どう?綺麗でしょ?悔しいでしょ?」

というスタンスの女性に対し、

「まさに今の私!」

とすごく共感した。
ある日、成人式のお知らせがあった。
もちろん私は参加を決意。
生まれ変わった美しい私を見てもらいたかった。
実際に参加すると、

「あー…久しぶり…」

といった雰囲気で、馬鹿にはされなかったけど
すごく扱いづらい人のような対応をされた。
恐ろしいことに私はそれを

「あまりに美しく変身し過ぎて驚いたのね」

と凄まじくポジティブに変換した。
そして好きだった男子+告白を
目撃した男子を含む男性陣と遭遇。
向こうがこちらに気づき、最初の言葉を発する前に、
私は歌詞に出てくる台詞を私らしく変えて
自信満々に言った。

「ねぇ見て、眩しいでしょ?」

その後のことは察してほしい。
気づいたら家の鏡の前でブスな顔を
よりブスにして号泣している自分と対峙していた。
みんな、本当に自分の顔面偏差値は
知っておいた方がいい。

娘さんがいる人なら、決して盲目的にならず、
世間から見てブスか否かを
きちんと教えてあげて欲しい。
ニ○チェのコントのように。

これ以上可哀想な女性が増えないことを祈って
書き込みます。

スポンサーリンク