彼氏と別れて2週間後に医者と出会ってお付き合いを始めたら「金に目がくらんだのか」

同じ職場で、3年ほど付き合っている彼氏がいて
「お互い30になったし結婚できたらいいね」
という話が出ていました。

ただ、3年目辺りから
「結婚したら勿論共働きだよね?
ニートを飼う気にはならないからねw」とか
「生活費は全部きっちり折半にしようね。
生活費渡してお小遣い制とか惨めになるわw」
と言い始めました。

スポンサーリンク

元々働く気だったので共働きも折半も構わなかったのですが、
何だか言い方が引っかかって、
それ以外にも嫌だなと思うような言動が目立ってきたので、
彼に別れ話を切り出しました。

すると「別れたくない」と大泣きされたのですが、
泣いている姿を見て
「こんなに愛されていたのね」と思うのではなく、
ちょっと引いてしまう自分がいて、その事実にも
「もう無理」と気付かされたので、
私は「別れたい」という意見を貫きました。

結局、彼の
「俺を振ったと吹聴しないでくれ」いう要求をのんで
(言われなくてもそんなことはしませんが…)
別れることができました。

それから2週間ほど経った頃に、
父の部下の男性と知り合う機会がありました。
とても素敵な方で、
連絡先を交換して二人で食事に行ったりもし、
最終的に結婚を前提にお付き合いを始め、
それから半年で婚約をしました。
(父は元々男性と私を結婚させたいと思っていたようで、
トントン拍子で話が進みました)

ある日、Aさん・私・私の友人B子・B子の旦那さんの
4人で食事に行き、婚約したことを話すと、
B子は後日
「○○(私)婚約おめでとう!
立派な男性とめぐり会えて良かったね!」
というような記事をフェイスブックにアップしました。

すると、元彼からFBを通じて
「裏切りしていたんだな」
「金に目がくらんだのか」
「お前みたいな女と別れて良かった」
などというメッセージが送られてくるようになりました
(FBはほぼ放置していたので、元彼とは友達のままでした)

それだけなら良かったのですが、彼が会社でも
「○○は俺と付き合っていた時から婚約者と交際していた」
「婚約者が金持ちだから金に目が眩んだらしい」
と吹聴するようになり、
仲の良かった一部の同僚以外からは
白い目で見られるようになってしまいました。

彼は仕事も出来て友人も多い、明るく目立つタイプで、
私は地味で目立たないタイプだったせいもあるのか、
彼の言うことを信じる人の方が多かったようです。

彼と一番仲の良い男性からは、直接
「お前って結構したたかなんだなぁ」
というようなことを言われたので、
「そもそも裏切りをしていた訳ではないし、
元々彼とも別れるつもりだった」と反論すると、

彼の友人
「普通の情のある女は、
別れて2週間で新しい男と付き合ったりしない。
そもそも、その婚約者が借金持ちの貧乏人でも婚約したの?」

「私が婚約者と結婚したことと元彼と別れたことは別の話。
婚約者が現れなかったとしても元彼とは別れるつもりだった」
彼の友人
「答えになってないじゃん。婚約者が借金持ちでも婚約した?」

「借金の事情にもよる。
たとえばギャンブルの借金があるような人は好きにならない」
彼の友人
「じゃあ結局婚約者が金持ちだから
好きになったってことだよな。
女ってこんなんばっかりだな。
あいつもお前と別れて正解だわ」

スポンサーリンク

このように言われて?然としていると、
それが彼の友人には「図星」のように映ったらしく、
「俺が聞いたら答えられなかったんだぜ」
というようなことも言いふらされ、
さらに社内での立場が悪くなりました。

(私がもっと理路整然と、
毅然とした態度で言い返せていたら良かったのですが、
面と向かって悪意を剥き出しにされたのが初めてだったので、
情けないですが、ショックと怒りで何も言えませんでした)

私の友人は私を庇うようなことを言ってくれていたのですが、
そうすると同類扱いされてしまうので、今は
「ありがとう、でも庇うようなことはしなくてもいいから」
と伝えています。

婚約者に「今の会社で働き続けたいと思えない」
とだけ話してみると
(変な噂が広められていることは伝えていません)
「自分の稼ぎだけでも生活していけるから、
今の職場に未練がないなら辞めて、
そのまま家に入るのでもいいし、
まだ働きたいなら新しい職場を探せばいい」
と言ってもらえたので、近々退職することにしたのですが、
それも
「楽をするために金持ちと結婚したんだから、
仕事なんてする意味ないよな」と言われているそうで…

(親切のつもりなのか嫌がらせなのか、
私がこう言われているよ~ひどいよね!と
わざわざ教えてくる人がいます)

赤の他人なのだから言わせておけばいい、と
割り切ろうと思うのですが、
情けないし悔しいし、悲しいです。

すみません、途中
「Aさん・私・私の友人B子・B子の旦那さん」
となっていますが、Aさん=婚約者です。

優しく素敵な方とご縁があって結ばれたのに、
私が情けないせいでケチをつけられてしまって、
悔しいです。

幸せになれるよう、幸せにできるよう、努力したいです。

婚約者の親族は遠くに住んでいるので、
噂が耳に入ることは想定していませんでした。
元彼からのメッセージは残っていますが、
この件について直接言ってきたのは元彼の友人だけで、
あとはすべて陰口なので、
直接何かをされているわけではないです。

ただ、もしもの時のために、
ICレコーダーなども持っているに
こしたことはないのかもしれません。

誤解が解けるのが一番良いですが、
それももう難しいでしょうし、
諦めるしかないのかもしれません。

そもそもそんな男だと見抜けず
元彼と付き合っていたことや、
きちんと言い返せなかったことなど
至らない点はありましたが、
婚約者と婚約するにあたって、
咎められるようなことは何もしていないので、
堂々としていようと思います。

ちなみに、将来のために少しでも貯金しておきたいので、
結婚式は身内だけでささやかに行う予定です。

婚約者は医師で、
彼の友人にもそのことを言われたので、
「人の命を助ける素晴らしい仕事。
彼が仕事に誇りを持って取り組む姿勢にも惹かれた。
お金の問題じゃない」と話したのですが、
私が裏切りして天秤にかけたと疑わず
「元彼だって仕事を頑張っているんだから同じ。
結局は稼いでくる金が多い方が良かったんだろ」
と言われました…

余計な心配はかけまいと思って黙っていたのですが、
確かに良くないかもしれません。
これから夫婦になるのですし、
正直に話してみようと思います。

スポンサーリンク