高校の時の彼がデザイナー志望で1着だけ作ってもらった。時は経ち、発展途上国に服を送るボランティアにその服を送った結果

私の高校は被服科のあるところだった
私は普通科だったが被服科の
彼氏(以下D)ができた

Dはデザイナーを目指していて、
私に一着の服をつくってくれた
学生ながら結構質もよく、
個性的な刺繍がある白いシャツで
かわいかったのでよく着た
そのまま卒業まで仲良かったんだけど、
私が第一志望の大学に進学が決まり
自然消滅の形で別れた

スポンサーリンク

で、大学時代、要らない服や鞄を
発展途上国に送るボランティアがあった
例のシャツには思い入れもあったんだけど
そのとき付き合っていた彼に
悪いなと思っていたこと、
もうシャツがくたびれていたこと、
かといって捨てられなかったこと、
あれから成長期がきて身長が10㎝強伸びて、
つんつるてんになってしまっていたことなどで、
そのシャツをボランティアに
出すことにした
ボランティアに出す服にはメモをつけることが
出来たので

スポンサーリンク

「この服には私の幸せな記憶がいっぱい詰まってます、
これを着るあなたもそうなりますように」

みたいな、ポエムみたいなことを
辞書引きながら英語で書いた

で、時は流れてアラサーに差し掛かった頃に
高校の友人から呼び出され
久しぶりに会うと、ある業界紙を見せられた
東南アジアのその業界の特集記事だった

そこに写っている女性があのシャツを着ていた

これってDがお前に作ったやつだろと言われて、
ええー!となって読んだら
記事のなかでシャツについて触れられていて

ボロボロでしょ?(笑)
これは日本のボランティアにもらったもので
貧しい生まれの私が希望をもらった服。
日本の取材ということで久しぶりに
着てみたということが書いてあった

そのあと、その友人がDにも
その業界紙を見せたことで
Dと再会して、意気投合してまた付き合いはじめて、
今月結婚式をあげた
私の苗字もDになった

もう30も半ばになってきた
普通の外見したおじさんとおばさんだけど

スポンサーリンク