毒親

毒親ってどこにでもいるんだね。

長女長男次女(自分)で、
なぜか幼いころから疎まれていた
4歳だったと思うが
「お前なんか産むんじゃなかった」と言われた。

アイロンを押しつけられた左手の肘には
まだ跡が残っている。
寝ていたらいきなり口を枕で押さえられた。
無我夢中で振り払ったのは小学生の頃。
姉や兄は家事手伝いは言いつけられなかったのに、
自分1人だけあれやれこれやれと言いつけられた。
旧式の風呂(うまく説明出来ないけど、竈?
で新聞紙に火をつけてそれから材木の切れっぱしを入れる)
を沸かすのは自分が小学校に入った途端にやらされた。
マッチで火を付けるのが怖くて、沸かすのを失敗するたびに
「役立たず!」とぶんなぐられた。

修羅場なんて言葉は当然知らなかったけど、
いつもびくびくしていた自分は
まさにその状態だったかもしれない。

スポンサーリンク

中学で馬鹿みたいにグレた。「このき○がい!」
と罵られたがもう何も感じなかった。
高校を卒業してすぐに上京して、親との接触を一切絶った。
いつもかばってくれていた祖母の葬式で10年ぶりぐらいに帰省した。

母親の態度は多少軟化していた。
もう力ではかなわなかったからだろう。

長女の姉は変な意味でおかしくなり
、長男は大阪で所帯を持った。
実家は九州。母親は所謂「長男教」だったが、
兄が地元に戻る気もない、
母を大阪に呼ぶ気もない、
そして父が癌でタヒんだ時点で態度が180度豹変した。

自分が結婚した相手はそこそこの
資産家。猫なで声で電話してくる。
「あなたの好きな物を送りますね」
と大っ嫌いな椎茸や里芋を送ってくる。
正月にはこれまた大っ嫌いな餅をしこたま送ってくる。いらねーよ

固定電話も携帯も着拒した。
それでも何かと送ってくる。
子供(孫)当てに葉書を送ってくる。
全部捨てている。

母親は今「誰が自分の面倒を見てくれるのか?」
と修羅場なのかもしれない。
しらねーよ。お前にコロされかけた事は
未だにふとした時にフラッシュバック起こすんだよ・・

九州の自分の地元の特産物
は椎茸なんですよねぇ。
あと筑前煮って里芋が入ってるんですけど、
これ自分は好きではなかったのですが母には逆らえず・・で。
自分が何が好きかなんてあの母親は知らないと思います。

姉や兄にメールで
「何にも送ってくれるなと伝えてくれ!」と送りましたが・・
言ってくれたのか、
それとも聞いても忘れて送ってくるのかわかりません。

父は・・所謂九州男児()でした。
特に可愛がられもしませんでしたが、それは兄弟皆にでした。
単に感情を表に出す事をしないだけだったと思います。

母には年賀状(息子たちの写真入り)
だけは義理で送っています。
が、母からは自分たち夫婦宛て、
長男宛て、次男宛て、、と送ってきて
「元気ですか?おばあちゃんは○くんや△くんい会いたいです」って・・

うるせーよ。あんたがタヒんだら遺影の前に会いに行くよ

受け取り拒否したいのですが、
いつも届くのが自分が仕事中に旦那が受け取るので・・
旦那にあまり自分の昔の嫌な事も話せずにいるので

父は自分がそういう事をされているのを気付いていたかわかりません。
気付いていても何も言わなかったと思います。

スポンサーリンク

祖母の告別式の後に、一度だけ
長男が生後6カ月の時に叔母(とても良い人のお願いで)帰った事があります。
父は所謂「じぃじw」状態でした。
自分が上京した後も神社?にわたしの無事をお参りにいったと叔母に聞きました。
本当に「男子たるもの」と言う理由で家長()を演じていたのかも?

年賀状を送る理由は
亡くなった祖母(毒母の母です)の
祖父のところには送るのに母に送らない事を、
祖父(毒母の父)から「色々あっただろうが
この年寄りの顔を立てて送ってくれ」と言われ
それで義理で送ってます。
亡き祖母と祖父がいなかったら今
こうして書き込みも出来なかったのかもしれないので

自分に何かあった時の遺言状については、
知人の弁護士に相談中です。

毎晩、1時過ぎに帰ってくる旦那の晩酌の付き合いを
毎晩軽くしてるのですが(ビ/ー/ル1〜2杯)、
書き込みの後、ありえないほど
気持ち悪くなって吐きまくり・・旦那に心配かけました。

レスが色々ありましたが、ひとつだけ、
祖父母は決して毒ではありません。
大正生まれの祖父はせん争でシベリア抑留され
苦しい思いをした人で、自分にも相手にも厳しいです。

叔母(母の弟・長男の奥さん)にぽつぽつと聞いた事があります。
娘(母)に自分の事で厳しく問い詰め、
事実を確認すると竹刀を持って追い回し打ちつけたとか・・
あまり多く語ってはくれませんでしたが、
色々と祖父と母の間にも修羅場があったみたいです。

中学でグレた自分に
「高校なんか行かなくていい!家の仕事を手伝え!」と母に言われました。
もうとっととどっか遠いところに逃げるつもりでしたが、祖父が
「高校への金はわしが出す!高校にどうしても
行かせないというのなら勘当する!」と母に言ったそうで

祖父はかなりの土地や不動産
(と言っても田舎ですがw)を持っているので、
勘当されると遺産がもらえないと思ったのか?
結局高校には行きました。
東京に行く時の金も祖父が出してくれました。
「いつか返すね」と言ったら「要らん!」と言われました。
お歳暮・お中元は欠かさず、
その他祖父の好きそうな物を送り続けています。

旦那には「母の事は嫌いなんだ」としか言っていません。
口にしたくなくて
母の存在を考えるのが鬱陶しいんです。

旦那に結婚を申し込まれた時、最初は断りました。
「自分は結婚して子供を産むつもりはないから、
大嫌いな母親と同じ事をしそうで怖いから」と。
結局誠実な性格に負けてというか再三のアプローチに負けてというか

挨拶は両親ではなく
自分の希望で祖父のところに行きました(両親も来ましたが)
「お孫さんを幸せにします」と挨拶する旦那を皆喜んで迎えてくれました。
母はとりあえず「普通の母」を演じていたと思います。

その後旦那に「良さそうなお母さんだと思うけど、、何で嫌いなの?」
と聞かれた時に
「だって!あいつ(母)は・・・」
その後の言葉が出ず、あれ?変だ??何これ?

旦那はすぐに過呼吸起こしたと気が付き
ビニール袋を口に当ててくれ、
落ち着いた自分に「もう良いよ、わかった」と。
だから旦那は母が嫌いと言う事実しか知りません。

でも、そろそろ解決した方が
良いのかもしれませんね。
旦那が帰宅したので晩酌の相手します。
ありがとうございました。

スポンサーリンク