俺らが子供を育てる時は気をつけよう

自分は学生なんですが、20overになって
初めてできた彼氏と先日浮かれながら
近所のお祭に行ってきました。

そのお祭で輪投げをやったんですが、
珍しいデザインの入れ物をした飲み物を3本ゲット。
やったね、と彼氏とわけていたら同じものをやって、
どうやら全て外してしまったらしく泣いている子供が。

スポンサーリンク

なので自分は3本もあるし…と1本をその子供に(残り2本は自分と彼氏で)
子供は喜んでくれたし、その母親にもお礼を言われ
て嬉しい気持ちになりつつ他を回ることに。

その後もあちこち出店を回っていたら、
今度は迷子らしき子供が(先程の子供とは別の子供です)
とても泣いているし親も近くにいないようだしで、
お祭に合わせて作ったお祭の本部に
連れて行くことにしました。
途中イチゴ飴を買ってあげたりして本部に連れていったら、
そこに母親が問い合わせていたらしく
お母さんと会えて良かったね、となりました。

そこへ更に見ず知らずの母子が登場。
何か用があるんだろうなー程度に思っていたら、
突然どういうわけか母親の方が一方的にまくしたててくる。

スポンサーリンク

「(私が輪投げの景品を他の子供にあげたことに対して)
あの子だけズルい、自分の子供にもよこせ。
自分の子供だって取れなかったんだから、くれるのは当たり前。
お前は3つも取ってた!」

「(二番目の子供にイチゴ飴を買ったことに対して)
コイツらは餌付けして子供を誘拐しようとしている」

「警察に言われたくなかったら、
自分たち親子が祭りで遊べるだけの慰謝料を出せ」

等など。

でもこの本部、警察も見回りかなんかで立ち寄るところで、
この時たまたまいた警察に
母子ともに連れていかれることに(子供は5歳くらいだったからだと思う)
にしても、お祭で遊べるだけのお金が無いのなら、なぜお祭にきたのかと。
そして、私たちがどこで何をしていたのかずっと後をつけていたのかな、と
(最初の子供と、迷子と出会った時と間30分は空いていたと思う)

最初に会った二組の親子がいい人だったので、逆に最後の母親の方が強烈でした。
子供も5歳くらいなのに物凄く静かでじっと様子を見ているだけ。
近所に住んでいる同じ年齢の子供はお祭なんかでは
もっとはしゃいでたのにな、と個人差はあると
思いますがあまりのギャップに驚きました。

ですがこれがきっかけ?で彼氏に

「俺らが子供を育てる時は気をつけような」

との言葉と一緒に
プロポーズをしてもらえたのは嬉しかったです。

スポンサーリンク