女らしいものを全部排除されて育った

父親に不細工不細工言われて育てられ、
女らしいものを全部排除されて育った

高校入学時にその理由を聞かされたが、
母親のように綺麗になって父を捨てて
他の男のところに行ってほしくなかったからだそうだ

私の女性要素を排除しておけば嫁にも行かずに
ずっとそばにいてくれると思ったからだと

スポンサーリンク

そのときはキモ!と気の毒だな、
という気持ちがないまぜになった

でも父の教育が功を奏したのか
三十路間際の私にはまったく男っ気がないし、
結婚も諦めてたから
父の思惑通りになってしまってるんだろうなぁとは思った
給料も2万以外は全部家に入れなきゃ叩かれるから、
遊ぶ余裕もなかったし

が、後日知った離婚の真相は、父の不倫が原因だった
母は今で言う経済DVされてて
化粧品も美容室も行けず、栄養も足りずにぼろぼろ
私が2歳のときに母方の祖父母が
二人を引き離して離婚させ、金を与えて身奇麗にさせたら
すぐに他の男が母に目をつけて再婚
養育費は払うけど、父似の娘など会いたくもないと
母のほうから面会お断り

母方祖父が亡くなり、
遺言書に私への相続が書いてあったから
離婚後初めて母に会ってきたんだけど
相続放棄を迫る母と口論になってしまい、
不倫して出て行ったくせに!と母を責めたら
上記の事を聞かされて、
離婚のときに作った公正証書を見せられた

スポンサーリンク

「公正証書」って書かれた冊子で、
この書類に書いてあることは
真実だと認める~みたいな記述があって、
両親と公証人のサイン入り
他のページに離婚の経緯が書いてあって、
父の不倫や母を困窮させたことが書いてあった

母には
「こんなひどい男の子供のくせに、
さらに私から父(祖父)のものを奪うつもりか」
と責められたけど、
祖父が私に遺産を残してくれたのは、
私を気の毒に思ってのことだと思う
その祖父の気持ちをないがしろにはしたくなくて、
母と徹底抗戦した

裁判までして遺言状のとおりに相続したけど、
母にも母方祖母にも嫌われた

父は「いくら取れた?」とwktkして聞いてきたので、
全部に嫌気がさして夜逃げ同然に家を出た
祖父の遺産がなかったら、
私の貯金なんてなかったからありがたかった

そんなことがあって、
今年の正月はようやく一人でのんびり過ごせた
父を捨ててきた罪悪感や、
母や祖母の涙を思い出すとむねが締め付けられるけど
多分客観的に見たら両親も私も
神経わからん話なんだろうね

スポンサーリンク