隣に単身赴任らしきオッサンが引っ越してきた。女性も入り浸るようになり、奥さんがお世話に来てるんだなーって思ったが

ワンルームマンションに住んでたころ、
隣に単身赴任らしきオッサンが引っ越してきた。

暫くすると女性も入り浸るようになり、
奥さんがお世話に来てるんだなーって普通に思ってた。

ある夏の夕方、女性同士のケンカの声と
子供の泣き声が隣から聞こえてきた。

聞き耳立ててると、どうやら入り浸ってたのは不倫相手の女性で、
単身赴任先の旦那の所に奥さん子供が
突然遊びに来たらしい。(その時旦那は不在)

スポンサーリンク

5分も経たない内に不倫相手の女性が逃げていって、
子供の泣き声のみになった。

ちょっと出かける予定があったので、
隣の家のドアの前を通ったら中が見えた。(夏なのでドアが開いてた)

小学生高学年くらいの男の子が

「パパのばかーパパのばかー…」

スポンサーリンク

って泣きながら廊下の壁にマジックで
同じ言葉を書き殴ってた。

お母さんはイスに座ってて、低学年くらいの
泣いてる妹を膝に乗せて抱きしめてた。
(玄関に背を向けてたので顔が見えなかったが、多分泣いてた)

玄関にはカゴが倒れてて、
カレーの匂いがする鍋とサラダが入ってるように見える
タッパーがはみ出てた。

家族で食べようと持って来たんだろうなって気づいたら、
切なくなっちゃって出かけながらウルウルした。
夜勤でそのまま仕事行ったから、
その晩の隣の状況はわかりません。

その後暫くしたら隣は引っ越してましたが、
旦那と不倫相手が一緒に荷物運んでたので、
多分奥さんとは別れたと思います。

子供が可哀想過ぎて記憶に残った修羅場でした。

スポンサーリンク