強風で車のドアが隣の車にぶつかった。ディーラー「ドア丸ごと取替えですね」

駐車場で車を止めた時、
強風でドアが全開になってしまい隣の車に当たってしまった。
結構細かなキズの多い車で、
どれが自分が付けたキズか分かりにくかったけど、
うっすら凹んでいるので、持ち主を見つけ、謝り、
警察に届け、ディーラーに見てもらう事にした。

スポンサーリンク

ディーラーに持っていくと、営業みたいな人が対応に来たのだけど、
どっちがぶつけたの?と聞き、自社の方が被害者と分かると、
ここから塗装が剥げてきて、そこか錆びて、
窓が開かなくなるから、ドアごと交換
という事を言う。
決して事故を起こした訳でもなく、現在塗装すら剥がれてないのに。
こっちもちょっと腹が立って

「はぁ?こんな風でドアがあたって凹んだだけでドア取り替えるって、
どんな粗悪な出来なの?!ト○タってそんな車作ってるんだ!怖〜!
雑な作りっていうか、経費削減も商品のクオリティー落としてまで
するもんじゃないよね〜w
この車、自転車にぶつかったら、もしかしてこっちがタヒぬんじゃないの?!
怖くて乗れない〜〜!」

スポンサーリンク

「あ!私が付けたのはまだ塗装が剥がれてないけど、
前からついてるこの細かいキズは
所々錆びってるっぽいからヤバイかもね〜!窓開かなくなっちゃうかもw」

「ねぇ、ト○タやめたら?ちょっとありえない車の作りなんですけど。
よかったら、良いディーラー紹介しますよ?凄く親切なんですよ」

とか、色々騒いでみたw
営業の人は顔引きつらせてた。
次の日、自分の保険の人を呼んでもう一度話し合いをした時は、
その営業、出てこなかったw
結局、修理は、被害者自身つけた傷が酷いから、
一部のパーツ交換で一万円ということに
なりました。

ト○タの車ありえないほど出来悪い〜!
とディーラーで騒げたのが自分的にはスッとしたので。

スポンサーリンク