保育士「いい仕事につけたなと思います」

保育士してます。
卒園式のピアノ曲がうまく弾けなくて、
毎日職場で夕方練習していました。

いつもその様子を、
子どもたちがまわりに座って黙って見ていたのですが、
ある日いつもの様にピアノの蓋を開けてみたらびっくり。

スポンサーリンク

蓋の内側に

「〇〇先生頑張って!」
「沢山練習して上手になってね!」

と書いた折り紙のメダルが沢山貼ってあったのです。
元々ピアノは得意でなく、
練習にも息詰まってたので本当に嬉しかったですね。
もう4年経ちますが、いまでも当時の楽譜と一緒に
ファイルに挟んで大切に持ってます。

もうひとつ。
右手の無い子が居ました。
運動会のダンスの練習に、
その子はいつも参加しませんでした。

「何で参加しないの?」

スポンサーリンク

聞くとどうやら、自分は右手が無い。
なのにダンスの中で右手を何度も上げなくてはいけない。
自分は右手がないのに、みんなと同じ様に踊れる訳がない。
だったらダンスなんてやりたくない…
という話でした。
それをほかの子達に話すと、

「じゃあみんな左手を上げればいいよ」
「もう1回左手で覚え直そうよ」

と言ってくれました。
1回右手で覚えてしまったので、
中々癖が抜けずに苦労する子もいましたが、
当日にはなんとか間に合い、
皆で左手を上げて踊りました。

みんなが揃って踊れた時は、涙が出ましたね。
子どもの考え方って、素直で優しくて、本当にいいものです。
仕事してると辛いことも苦しいことも沢山あるけど、
こういう子どもたちの優しい気持ちに触れると、
苦労も疲れも吹き飛んでしまいます。
いい仕事につけたなと思います。

スポンサーリンク