彼と入籍しようと役所へ行ったら彼の会社の同僚の女が待ち伏せしていた

2年半付き合った彼と入籍しようと役所へ行った
そこにいた
待ち伏せしてた
彼と半年付き合ってる、と言いだした
その場で入籍せずとりあえず彼実家に戻り
浮気女と彼の両親を交えて話をした

この半年くらい確かに彼は忙しく、週末のデートはしてたけど
平日は仕事だと言ってあまり会う事はなかった
私は結婚前の最後のモラトリアムと思って友達づき合いに励んでたから
それほど気にしていなかったので裏切られた気持ちでいっぱいだった
そして2カ月ほど前から一緒に暮らし始めていて
当時景気のよかった彼の業種と同じ業種で働いていた私は
夜遅くまで帰って来られない彼に対して何も疑いを持たなかったので
裏切られた気持ちでいっぱいだった

スポンサーリンク

浮気女の彼との結婚にかける必死さと
煮え切らない態度に体調が悪くなって寝込んでしまった
私妊娠してた
そこからさらに悩んだ
不問にして結婚するか、子供を堕ろすか
いろいろ考えたけど辿り着いた答えは彼と別れ、子供を産むことだった

正直こんな目に遭ってこの先男性を信用する事はできないだろうし
なによりそんな彼と結婚しても一生隠し事されてるんじゃないかと
不安な気持ちでいっぱいになりながら結婚生活なんてできないし
それ以前にそんな男と一緒に暮らすなんてとんでもないと思った

女1人で子供がいたらこの先の人生いろいろと大変なのはわかってた
だけどこれからの人生、好きな人に巡り合える確率が少ないのだとしたら
子供を持つことなんて皆無だろうと思ったので子供を産むことにした
幸い私の勤務先の社長が、自分の父親の女癖で苦労したこと
社長夫人も理解があり、何よりただの事務員で入った私だったけど
今では営業不在時に代わりにお客様相手を出来てる事で
代わりのきかない存在だと思ってくれたことで
仕事をしながら子育てに協力してくれる事にもなった
従業員が15人しかいない家族経営の会社なので自由もきくし
社長夫人も昔は子供を連れて出勤してたのでそれに倣う事にした
しかも社長夫人元保母さん、
本職そっちのけで子供の世話をすると誓ってくれたw

そして彼には婚約破棄を前提とした条件提示をした
婚約不履行に対する慰謝料にプラスして
・養育費を毎月3万円、成人するまで払う事(面会OK)
・養育費ゼロ、そのかわり認知だけ(面会不要)
私が冷静かつ理路整然とした話しぶりに可愛げがないと言った彼は
マリッジブルーと楽したい気持ちで浮気女に傾いていて
慰謝料+認知で話はついた
あまり頭のよくなかった彼は認知だけならお金はいらないと思ったようだ
死んだら遺留分の遺産は子供にもらえるのに
まぁそんな遺産ないだろうけど
彼は会社に借金して私に慰謝料を払って
認知することに合意して公正証書を作り別れた

スポンサーリンク

それから半年も経たないうちに彼から連絡があった
やはり私と結婚したいと
浮気女と付き合うと決めただけなのに、
浮気女はイコール結婚と勘違いし
社内不倫騒動でクビになって以降(彼は減給半年)働かずダラダラ
新居予定のアパートに転がり込んで彼の収入を食いつぶそうとしてたらしい
私と2馬力で生活継続が可能だった計算なので当然金銭的に苦しく
1カ月ちょっとでお金の事でもめて喧嘩ばかりするようになったそうだ
彼の実家は婚約破棄騒動で彼を勘当したけど
私には初孫なんだから顔だけは見せろと要求してくる
今後も会わせるつもりはない

無事女の子を出産し、来年幼稚園に入る娘
毎日一緒に会社に出勤し、
社内の使っていない和室を子供部屋に改装してくれて
後輩女子も昨年夏子供を出産し、先月から社内育児チームの一員となった
社長夫人も毎日楽しそうに子供の面倒を見てくれる

そして何より共通の趣味で知り合った人と
結婚することになったので記念に
ちなみに元彼、未だに認知してくれてませんwww

ヨリを戻したいと言われたのは臨月に入る頃です
彼の会社で居心地悪くて、取引先やらに悪く言われるのがイヤだったので
ヨリを戻せば自分の株が元通りという魂胆が透けて見えて断りました

認知の件は彼の姉兄が既婚だけど不妊で子供に恵まれず
孫を熱望してた彼の両親が暴走しそうだったことと
彼の実家が結婚を決める1年ほど前に引っ越ししたのですが
彼両親の負債があって自宅を競売にかけられて転居したそうで
認知してもらったら却って子供に大変な事になると思い
出産後あえて連絡を取らなかったら
彼がそれを都合よく捉えてくれて現在に至ります

結婚を決めた時、やたらと共働きで実家への同居を勧められたのは
私の事を金蔓にしたかったのかなと今では思いますが
世間体を気にするよくわからない家だったので婚約破棄した彼を追い出したのは
なんかよくわからないです

結婚相手は娘との養子縁組を希望してくれているのでそうする予定です
却って認知してもらえなくてよかったです

娘には将来嫌な思いをさせ、恨まれても仕方ないと思っています
そもそも結婚を止めて子供を1人で産んだのは自分のエゴですから
実父の件は今のところ、口の達者な娘に“わたしのパパは?”って聞かれた時
“遠い所に行っちゃったんだよ”と答えています

結婚相手の事を最近私のいないところでパパと呼んでいるのを知って
ここに書き込みました

会社の育児室に様子を観に行った時、社長夫人とのやり取りが聞こえて
社長夫人が“そのお人形かわいいね”と言ったら
“パパがかってくれたの ○○くん、こんどからずっと○○ちゃんのパパになるんだよ”と
泣けました

スポンサーリンク