食が細く、いつもお弁当を残してくる娘さんが、あるときから完食してくるようになった。その理由が

まだキャラ弁の概念がなく、
そもそもよそ様の弁当に因縁つけるモンペもいない、
「よそはよそ、うちはうち」がまかり通っていた時代。
従姉のA子の園児時代の話。

・A子は食が細く、親御さんから、彩りを鮮やかにしたり、
野菜を飾り切り、ウインナーを細工した弁当を毎日持たされていたが、
完食は出来ず

・おとなしめの女の子達とは、絵本を読んだりして遊べるが、
活発な子達とは馴染めず、外遊びの時間では
皆が駆け回るのをぼんやり見ている感じ

・ある時からA子が完食して帰ってくるようになり、
また園で楽しく遊んだことを親に報告

スポンサーリンク

・親はようやく完食の日々や友人が出来たことに安堵、
しかし夕食をあまり食べなくなった

・お弁当を完食しているからかと親はあまり気に留めず

・しばらくしてお迎え時に、園から話があるから残るよう親が言われる

・なぜか、A子とそんなに親しくしてる様子のない、
ガキ大将タイプのB男母もその場に

園から言われたのは驚きの事実→こっそりB男と弁当を交換していた

・B男のお弁当箱が(魔女っ子系の)女の子ぽいお弁当箱であれ?と思った(姉妹はいない)

・気をつけて翌日見ていたら、
お弁当を用意する段階でA子がB男に「はい」と差し出して交換

・子供達には、自分のお弁当を食べること、
お母さんが愛情こめて作ったものだからと諭した

・自分の親が作ったものを食べて万一のことがあったら困るので、
親御さんにも伝えることにした

そしたら、B男の親がキティだった

・結局子供達が仲良く交換しただけで、
おかず交換と何が違うのか(おかず交換は禁止だったが)

・最終的にそれぞれ1個の弁当を食べているので問題はない

スポンサーリンク

・うちの子が無理やり弁当を巻き上げてるならともかく、
双方合意で交換してるんでしょ?

・子供同士は喜んでやってるのに何が悪いの

園からは、アレルギーや食あたり等、万一が合ったらの話をしたが、
さっぱり聞く耳持たずB男母は

・でも子供は双方ともなんともなかったんでしょ?

・そんなに交換させたくないなら、園が見張れ

の斜め上の主張

結局、A子が親に交換を叱られ、先生がしっかり見張るようになったので、
席に着く前にこっそり交換をすることが出来なくなったのだが、
1回きちんと食べる習慣が付いたためか、交換しなくてもお弁当は完食できるようになった。
A子は、先生や親がどうして交換したのか聞いてきた時、
どうしても本当のことが言えず、

「他のお母さんのお弁当ってどんな味かなと思った」

と答えていた。
だが、他のお母さんの味というなら、
サンプルがB男家だけではなく他の子も巻き込んでいたはず。
自分はそこが気になったので、本当のことって?と聞いたら、

・自分の親は見た目に凝る弁当をつくってくれた

・確かに可愛くてうれしかったが、母の料理はまずかった(メシマズだった模様)

・B男君が、お前の弁当すげーなと言ってきて、B男君が怖かったから交換を申し出た

・B男母の弁当は見た目が悪いけど、とてもおいしかった

・B男はメシマズを気にすることなく喜んだので、やった!と思って日々交換し続けた

・B男と少しずつ話せるようになって、外遊びとかで気にかけてくれるようになった

・他の子と遊ぶ輪に入れてくれて楽しかったし、走ったりしておなかがすくようになった

園の責任問題になりかねない事態が発生しなかったが、弁当が取り持った仲?
でA子はB男と仲良くなって幼馴染となり、
その後高校で付き合い始めてその後結婚した。

スポンサーリンク