主人のスーツのポケットから 「パパ大好き」と書かれた手紙を見つけた。私は子なし。

・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細

私29歳 主人39歳
親同士が決めた相手との政略結婚

・悩みの原因やその背景

私が23歳の時に結婚。
「親同士が決めた結婚だけれど、
僕はあなたを一生守り、愛します。」
と言ってくれていたし、
私もそれに応えようと思っておりました。

しかし、2年前に主人に隠し子がいることが発覚。
私と結婚する前に付き合っていた方との子です。

・これまでの話し合いや解決に向けて努力したこと

気付かないふりをしています。

・どうなりたいのか、どうしたいのか

なぜ、私の両親は、隠し子がいることを知っていて
(絶対に身辺調査をしています。)
彼との結婚話を持って来たのか。
一人娘なので愛されて育ってきたと思っていたのは
私の勘違いだったのか。

両親や主人にとって
わたしはどんな存在なのか知りたい。

また、この事実を知っていることを
主人に打ち明けてもいいものか悩んでおります。

・特殊な事情(あれば)

離婚は難しいです。
お相手の女性には
たまに会ってお金も渡しているようですが、
横取り?したのはこちらですので
その女性にどうこうしようとは思いません。

主人の事は愛しています。
激しい恋愛感情ではないですが、
心優しく穏やかな方です。

ごく普通の仲の良い夫婦だと思います。
ただ、なんとなく主人の子を授かることに
抵抗があるというのは否めません。

離婚できないのは金銭的な問題ではなく、
父の会社を主人が継ぐことになるからです。

認知はしていると思います。
綺麗ごとかもしれませんが、
隠し子とはいえ主人の子です。
当然の権利かと思っております。
その子から父親を奪ったのは
知らなかったとはいえ私ですし

わたしが知ったきっかけは、
主人のスーツのポケットから
「パパ大好き」と書かれた手紙を見つけてしまい、
興信所にお願いした次第です。

今日、両親、義両親、主人、私の6人で
話し合いを致しました。

簡潔に申し上げますと、
両親、義両親とも、
お付き合いしていた女性がいるのは知っていたけれど、
隠し子の存在を知らなかったとのことです。

主人の言い分
「(主人の)兄は自分の選んだ人と結婚したのに、
どうして今時親の決めた相手と
結婚しなくてはと思っていた。
かけおちも考えたけれど出来なかった。

ただ、私と初めて会ったときに
「私を愛してくれている両親が
選んだ方と結婚出来る私は、
きっと今以上に幸せになれると思います。」
という言葉で心を入れ替えた。
(覚えてはおりませんが)

スポンサーリンク

彼女から子供を産んだと結婚後、事後報告された。
情が移ってしまい、経済的な援助はしたが、
男女の関係は結婚以来一切ない。
認知もしていない」

とのこと。

主人のご両親は
「もし本当なら、謝っても謝りきれない。
もう二度と女性にも子供にも会わせないので
離婚だけはしないでほしい」
と土下座されてしまいました。

私の両親は
「会社を大きくしたいという可能性に
目が眩んだのは否定しない。
けれど、それは
娘を幸せにしてくれる相手であろう前提の話であって、
こんな屈辱を味わわせたことは、
悔やんでも悔やみきれない、
会社や後継ぎはどうでもいい。今すぐ離婚だ!」
と激高。

話し合いにならず、
その後主人と二人で話し合い、

・経済的援助はしてもかまわない。
 ただし、それを隠さないでほしい。

・その方と男女の関係はもたない。

また、実は私も主人には内緒で
子供対策のお薬を頂いてましたが、
それをやめることなどを条件に、
もう一度本当の夫婦として
やり直そうという結論に達しました。

明日、両親に報告に行く事、少し気が重いですが、
皆様が背中を押して下さったおかげです。

この後も、主人と今までの事や今後の事、
たくさん話したいと思います。

4年ほど前に、
政略結婚した主人に隠し子がいるようだ、と
書き込みしたものです。

その節は大変皆様にお世話になりました。

この度、再婚する運びとなりましたので、
ご報告させていただきます。
たくさんの励ましや、
背中を押して下さった方達のおかげで、
自分が望んだ方と結婚できたことを
とても幸せに思っております。

一度、再構築を考えましたが
その後やはり?というか…離婚してしまいました。

やはり、家族は一緒にいた方が幸せだよなぁ
という元主人への思いと、
両親からの
「自由に生きてくれて構わない」
という言葉でしょうか。

4年間、初めてがむしゃらに働いて、
今まで行けなかった所
(バーやライブハウスなどw)に行って
世界が広がったというか、
「あー、私って物分かりいいふりしてたけど、
物凄くワガママなんだなぁ」といい意味で実感しました。

今はすごく幸せです。
元主人とは離婚以来会っておりませんが、
風の噂では子煩悩な父親だと聞き安心しております。

スポンサーリンク