先日友人A子の結婚式があったんだが…
式の開始時間になってもA子が来ないというハプニングがあった
ようやく連絡がついたのが11時過ぎ、
とっくにA子両親が新郎一族に土下座して、怒って帰った後だった

その頃A子は式前日に羽目を外して飲みすぎた挙句、スマホも財布も
無くした状態でどっかの山の中でぐでんぐでんに酔っぱらって熟睡して、
病院に運ばれてたらしい

病院で正気に戻ったA子は病院中に響き渡る声で発狂したそうだ

しょうがない奴

スポンサーリンク

って、私が仕組んだんだけどねwwwww

私の事、A子が以前、結婚式前日にバックれた元婚約者の妹だって
気づいてればよかったのにねww
まぁ2回しか会ってないから無理かw

無事に破談になったと聞いたのでうれしカキコ

私には5歳上の兄がいて
高校卒業と同時に、
田舎町の地元から5大都市の一つの大学へ進学
卒業後そのままそちらで就職した

そんな兄が結婚相手として
A子を連れてきたのが兄24歳の時、A子は19歳だった
兄の会社に学生アルバイトとして入ってきて、知り合ったらしい

私はA子を初めて見たとき、猫をかぶってはいたけど、
どうも今時のギャル、という感じで
真面目で恋愛に奥手な兄とは合わないんじゃないか?とは思った
でも兄はベタ惚れしていていたし、
父は渋ってはいたけどしっかり者の兄を信用して結婚を許した

A子の両親は大反対だったけど、
兄が何度も説得に通い、結納金はいらない、
結婚式や新生活にかかる費用はすべて兄が出す、
という条件で渋々結婚を認めた

私も大学を辞めてまで兄と一緒になる、というA子を
歪んだ見方をして悪かったな、と反省したもんだ バカス

兄は500万近い金をほぼA子の希望通りの結婚式、A子実家近くの
新居へと掛け、結婚の準備を整えていったんだけど・・・
結婚式前日、A子は新居から突然自分の荷物だけを持って消えた

仕事中の兄の携帯メールには

「あなたとはやっぱり結婚できません ごめんなさい」

とだけA子から送られてきた
それから着信もメールも拒否で誰がかけてもつながらない

兄茫然

少し前からテンプレ通りの浮気の兆候はあったらしいんだけど、
兄、恋は盲目でA子を信じて気にしないようにしてたんだとorz 兄バカス

もちろん式は中止

必死に探したらA子、幼馴染の元彼のところにいた
A子が結婚する、と聞いた元彼が惜しくなり、
A子に連絡を取って関係復活したらしい

その後もちろんA子有責で破談
相手側は相当ごねたけど、何とか弁護士を挟み、式費用と
相応の慰謝料を支払わせ、兄とA子の縁は切れた

兄は立ち直ろうと頑張ったんだけど・・・
やはりいい人ばかりじゃない
兄は会社で式の顛末があっという間に広まり、
ヒソヒソされるようになり、
兄の上司や同僚が飲み会のたびに

「こいつは女房に逃げられた奴だ」

と笑い話のように話し・・・
耐え切れずに兄は心を病み、
会社を辞めて地元に帰ってきて、
しばらく引きこもりのようになってしまった
その時期は姉と父が常にそばにいなければ、
たぶん自○でもしてたんじゃないか、と思う

その後兄の上京先近くに、短大卒業した私もたまたま上京
兄は心配だったけど、父と姉がこっちの事は気にせずに、
やりたい仕事をやれ、と送り出してくれた

新生活が落ち着いた頃、
隣の市をドライブ中に本当にフッと

「あ、もしかしてA子の実家、この近くじゃないか?」

と思いだし、バイパス道路を下りて近くを通ってみた
そしたら実家近くを男と腕組んでいちゃいちゃしながら歩くA子を見つけたわけ

スポンサーリンク

ってか、その男、あの時の浮気相手じゃないし・・・
女見る目無いよ、兄orz
で、むかついたもんで、
痛い目を見せてやろう、と思ったわけ

まず、見つけたA子のブログやSNSを見ながら、
今までロングの黒髪だったのを
パーマをかけて茶髪にし、眼鏡をコンタクトに変え、
今までナチュラルメイクだったのを、メイク雑誌なんかを参考にしながら
流行の派手メイクにしたり、アイプチしたり・・・
ファッションも変え、できるだけA子が親近感を抱くような、
同じタイプの人間に見えるように、
尚且つ、私だと気づかれないように変装した。

それでA子がよくいく居酒屋やバーなんかを調べて、
声をかけて少しずつ親しくなっていった。
まともな女友達とは前回の兄との式でCOされてたから、
招待する友達が少なくて困ってたんだろうね
あっさりと結婚式に招待してもらえた
結婚式前夜、友人や飲み仲間を集め、

「サプライズのバチェロレッテ・パーティーだよー!!」

とA子をお気に入りのバーにご招待
驚いてたけど、A子は大喜びでのこのこやってきた
A子の酒好きと酒癖の悪さは調査済み
始めは気を付けてたみたいだけど、
だんだん止まらなくなったみたいで、
強い酒をガバガバ飲んで
あっという間に前後不覚の泥酔状態に

一応気を使うふりをして、
ウコンの粉末だよ〜と言って、以前病院で

「眠れないんですけど・・・」

とマヤってもらっといた睡○薬を、
親切にオブラートに包んで何錠か飲ませといた(超苦

皆がいいほろ酔い加減になったところで解散
私はA子を開放するふりをして、最後まで二人で残った
で、みんながいなくなったところで
離れたところに停めておいたマイカーにA子を押し込む
念のために言うけど、私はジュースと子供ビールだけで酔ったふりをして、
一滴もアルコールは飲んでない

そのままA子を乗せて隣県の山中まで深夜のドライブ
適当な山中で放り出して、そのまんま置いてきた
A子の財布やスマホ、
身分の解りそうなものや連絡の取れそうなものが入ったバックは
そのまましばらく走ったところで窓からポイ
家に帰って明日の結婚式に備えて熟睡した

A子は翌朝、爆睡したまま失禁、
やぶ蚊に刺されまくって顔も体中もボコボコの
泥まみれの状態で近所の人に発見され、
救急車で運ばれたらしい
後に発狂したA子に責められたけど

「あの後自分でタクシー呼んでかえったじゃん」

で押し通した
A子の酒癖の悪さと酒乱は皆知っていたので

「こんな日に飲みすぎた自分が悪い」

でOK

今回の件と私を責めたことで、
A子は少ない友人たちからもCO

兄の時

「だから片親の田舎者との結婚は反対だった!」

と、さんざんこっちを悪者にしようとして逆切れしたA子の両親が
ロビーで新郎親族に土下座する姿は痛快だったwww

我が家は恥ずかしながら、母の不倫で片親なので、
それがA子両親には何より気に入らなかったみたい
この件、姉に教えたら

「そんな面白いことになぜ私を呼ばなかった!」

とえらく怒られた(^_^;)
破談の話し合いの時、一番ブチ切れて暴れた姉ちゃんがいたら
たぶん一発でバレちゃうよorz

今は薬飲みながらだけど、
友人親の会社で元気に働いてるから大丈夫
もうすぐ心療内科への通院の必要もほぼ無くなるらしい
ってか、地元の私の友人が兄が帰ってきた、と聞いて

「実はずっと好きだったんです!」

と押しかけてきて、姉と父がニヤニヤしてるらしい

スポンサーリンク