私が10才、兄12才の時父が自死した。母に向かって親戚が「夫婦なんだから気づけたはず!お前が殺したんだろ!」

父親の葬式の夜が修羅場。
保証人になり父が借金を作った。
母は父の作った借金を朝から晩まで仕事をして返していた。
夜間の方が時給がいいからと夜も仕事をしていつも寝不足だった。
そんな中でも夫婦仲はとても良くて父母と兄も絵が好きだったから
時間を見つけては家族で絵を書いてニコニコしてた。
私が10才、兄12才の時父が自死した。
葬式の夜は親戚中で母親を責めた

「夫婦なんだから気づけたはず!お前が殺したんだろ!」

と。
頭を抑えつけられて母は土下座させられた。
私は大人達の怒鳴り声が怖くて一歩も動けなかった。

スポンサーリンク

母は土下座しながら

「子供達を休ませてあげて。
私ちゃん、お兄ちゃんをつれて別の部屋に行って」

と言った。
あぁ、兄は私より気が弱いから
お母さん私に言っただんだなっと思った瞬間、
兄がテーブルの上の食べものを勢いよく手で払った。
刺身がふっとんだのを今でも覚えてる。
そしてテーブルをひっくり返そうとしたけどできずに
テーブルを部屋の隅まで勢いよく蹴飛ばし親戚に座布団を投げつけた。

スポンサーリンク

「お前らふざけるな!何も知らないくせに好き勝手いいやがって!
ばあちゃん!お前の息子の借金返してたの誰だ!
そこでお前が土下座させてる人だよ!
父さんが死んだのは母さんのせいじゃない!
お前ら全員出て行け!」

普段おとなしくて頼りない兄が
親戚中を怒鳴りつけてみんな帰って行った。
ドアがしまった瞬間、堰を切ったように3人抱きあって泣いた。
兄は足ガクガクで肩も震えていた。
大人になった今でも兄が怒ったところを見たのはその1回だけ。
暗い話でごめんなさい。

葬式の時点で借金はほぼ返済間近でした。
それからは人並みに生活できました。

なかなか人に話せる話しではないので投稿することで
気持ちの整理がつけられました。
読んでくれた方ありがとうございました。では

スポンサーリンク