大学進学で上京した先のアパートの隣のお姉さんに「彼氏さんとかいないんですか?」お姉さんは意味深に笑った

2年程前の話です。

俺が大学進学で上京して一人暮らしのためアパートに引っ越した。
そしたらそのアパートの1階にすごく綺麗な女の人が暮らしていたんだ。

俺が引っ越してきた時からすごく愛想よくてさ。
向こうからにっこり笑って挨拶してくれたり、道でばったりあった時は
話しかけてくれて、雑談とかしてくれたんだよ。

俺はそれまであまり女の人と話したこともなかったから、
それがすごく嬉しくてさ、その人が外に出てるのを見掛けたら
俺もわざと出掛けたりして話したりしてたんだ。

スポンサーリンク

でもいつも一人でいるし、
男の人が出入りしているところを見たことがないし、
もしかしたら彼氏いないのかな?こんなに綺麗なのになんでかな?って
ちょっと不思議に思ってた。

いや、このころはもう好きすぎて

「彼なんていないでくれ」

って祈ってたと思う。

ある日、意を決して

「彼氏さんとかいないんですか?」

って聞いてみたんだよ。

そしたらちょっとびっくりして、すごく意味深に笑って

「いないよ。どうして?」

って言われたんだ。

俺はもうどぎまぎしちゃって
DTまるだしで恥ずかしかったんだけど

スポンサーリンク

「い、いえ、なんか彼氏さんとか男の人が遊びに来たとこ
みたことないなあと思って」

というのが精一杯だった。

そしたら

「私、男だから」

「へっ?」

「昔、男だったからなかなか難しいのよ」

と、さらっと言われたんだ。
もうなんて返したらいいかわからなくて固まってたら

「○くんだったら彼になってくれたら嬉しいけどね、じゃあまたね」

って帰ってしまった。

それからは顔を会わせても
何を言ったらいいかわからなくて、
あまり話しかけることもなくなってしまった。
むしろその人のことを避けるになっていた。

偶然あって話しかけられても前ほど積極的になれなくて
何を言っても地雷になりそうで、あたまがぐるぐるしてた。

そんな感じで数ヶ月ほど経ち、
もう何日もその人を見掛けていないことに気づいた。
その人の部屋の前まで行くと
人気もなく引っ越した後だったんだ。

でもいまになって、本気でその人のことが好きだったんだと気づいたんだ。
行き先もわからず、何をしていいかわからず、いまもDTのまま。

死にたい…

スポンサーリンク