夫に「アイス食べるけど半分食べる?」さあ食べようとしたら夫が泣き出しました。

結婚する前に、夫から
「うちの親は放任主義だから」
と聞かされていました。

本当に放任で、結婚後もなーんの干渉もなく、
良ウトメに当たったなーと思っていました。

平穏な結婚生活が続き、3ヶ月くらい経った頃、
お風呂あがりにアイスを食べようと
冷凍庫を開けると買い置きアイスが
1つしか残っていなかった。

スポンサーリンク

夫に「アイス食べるけど半分食べる?」
と訊くと「食べる」と返事。

小皿に半分ずつ分け、夫に渡し、
さあ食べようとしたら夫が泣き出しました。

「えっ何?何がいやだった?
もっと欲しかった?どっか痛い?」
と慌てて聞き出すと

「実家ではこんなふうに
物を分けてもらうことがなかった」
と夫が泣きながら言いました。

スポンサーリンク

その後の夫の話を総合すると、
夫は義兄と差別されて育ってきたそうです。
アイスもプリンも義兄の分だけ。
夫はほったらかし。
義兄が分けてくれることもない。

でもそれが当たり前として育ってきて
特に疑問もなかった。
義兄は愛玩子で、夫は搾取されてはいないけど
徹底的に放任というか無視、無関心。

でも結婚したら、
私がなんでもふたり分買ってくる(当たり前)。
1個しかない時は半分ずつにする。
それがじわじわ嬉しくて、
3ヶ月目に嬉しさが決壊したそうな。

アイスを前に「半分だ、半分だ」って
夫に泣かれた時はパニクりました。

後日3連プリンを夫に2個あげたらまた泣かれた。

スポンサーリンク