「極めて重大な病気の疑いがある」と医師に言われ調べたら生存率20%だったので夜の繁華街に繰り出した

当時俺はダメ大学生で、
学校にも行かずに女とバイトにうつつを抜かしていた。

留年ギリギリの状態でテスト週間に望んだんだけど
どうも体調が悪くて病院行ったらすぐには分からないとのこと。
まあいいやってテスト勉強など一切せずテストを終えて
遊んでたら病院から電話がかかってきた。

「親御さんと来てくれ、検査結果は電話では言えない」

とのこと。

2、3日後に田舎から出てきた父と祖母と病院に行って
検査結果を聞いたら

「極めて重大な病気の疑いがある」

とのこと。

スポンサーリンク

病名は伏せるけど白血病に近い病気だった。
そのお医者さんは

「まだ精密検査しないと分からないけど・・・」

と言っていたけどかなり疑ってたみたいで、
もしそうだった時のために
闘病について語ってくれた。

親は顔色真っ青だったけど、俺は

「まさか」

って感じでその夜も繁華街へ。
ツレにそのこと言ったら顔色変えて

「もっと真剣になれ」

スポンサーリンク

って言われた。
で、ネットで調べたら症状もばっちり合ってて
しかも生存率は20%という事実が発覚。

当時親不幸の代名詞のようなノーフューチャーで
人生は死ぬまでの暇つぶしって考え方だった俺は死を意識した。

「たぶん死ぬ確立が高いなら闘病するにしても
今のうちに遊んでおくに越したことはない!!」

それからの1ヵ月くらいは鬼のように遊んだ。
昼は精密検査、夜は繁華街へ・・・
バイトもやめていたので金は消費者金融で調達したりカードを切っていた。
どうせ死ぬんだからまあ良いだろっていうヤケクソの心理。

もはやシラフの状態がないほど酔ってて、高い酒を飲んで
高い服で身を包んでいた俺の借金は19歳にして3ケタ近くなっていた。
そんな折に、ついに精密検査の結果が出た。

医者「良かったですね!違ったみたいです」

もう両親号泣で、こんときばかりは
俺も心配してくれたその気持ちに泣いた。
ただ冷静になると同時に、俺には1ヵ月後の支払いで
60数万円が待っていることを思い出して絶望した。

その次の日に留年が確定したorz

なんつーかヤケクソの怖さっていうか、
そこまで出来すぎの話が
自分に起こったことが衝撃的だった。

スポンサーリンク