同僚「嫁さんの誕生日?それはやらないと死ぬものなの?」

職場の4つ年上の同僚(39歳独身)が、
週3日ペースで酒に誘ってくる。

8割方愚痴を聞いてた感じなんだけど、
半年前に子供がうまれたり、
孫の顔を見に嫁さんの親御さんが来たりで、
酒の誘いを断る頻度が上がってきたんだけど、
「家族と俺だったら、俺の方が優先だろ?」
「嫁さんの誕生日?それはやらないと死ぬものなの?」
等、言動もかなりのものになって来たので、

「俺はお前の”愚痴を聞く為だけに”
働いてるんじゃないんだよ。
家族の為、会社の為、
あと自分の為に働いてるんだ。解るか?」

「オウム返しで申し訳ないが、
お前としょっ中酒を飲まないと俺は死ぬのか?」

と静かな口調で返したら、

「上等じゃねぇか!
明日から自分の立場どんどん悪くなるから、
楽しみにしとくんだな!」
とバトルに発展。

スポンサーリンク

で、家帰って飯食ってくつろいでいたら、
来るわ来るわ、恨みつらみメールがw

「お前はやってはいけない事を俺にしたな」
「残念だよ。出世は諦めた方がいいぞ」
等、6件ぐらい連続で送信されて来てた。

まぁ、一晩経ったら
頭冷えるだろうと思って寝たんだけど、
朝の通勤時に
「大丈夫か?会社来れるか?虐めちゃうよ(・∀・)」
的なメールが来たので、もうダメだこの人と判断。

「そちらこそ大丈夫ですか?
先日の口論が録音されたSDカード。
脅迫ともとれるメールの数々。
全部こっちで押さえてますよ(・∀・)」と返信。
直後にヤツから着信→速ギリを数回繰り返した。

スポンサーリンク

メールには
「電話下さい」「今何処に居るんだ?」等、
1分単位で受信があったが、完全無視。
その足で部署の責任者の机に直行した。

「パワーハラスメントの件なんですが、
ガイドラインが曖昧なので、
相談に乗ってもらえますか?」
と上司に告げたところで、
ヤツが俺を発見し、ダッシュで間に入って来た。

上司
「彼にパワハラ受けてるの?」
ヤツ
「あ、あの!ちょっといいですか!あの!」


「いや、他の会社の知り合いが受けてるぽいんで、
人生の先輩方の意見が聞きたくて(・∀・)」
ヤツ
「へっ?」


「良かったら一緒に聞いてもらえませんかねぇニヤニヤ」

で、あくまで”俺の知り合いの話”って事で、
口頭でメールの文面、そこまでの経緯を相談したら、

上司
「う~ん、発端は些細な事ではあるんだけど、
虐めるとか、出世がどうとかはパワハラに当たるね。
ウチではアウトかもな」

上司
「ていうか、その虐めてるヤツの性格が気に入らない。
子供うまれた後のドタバタが
どんなに大変か分かってないみたいだしな。」

ヤツ
「(´・ω・`)ショボーン」
で、その場は一旦お開き。

ヤツはその後、仕事の引き継ぎ以外、
一切俺に関わらなくなりましたとさ。
終わり

追伸:
メールデータと録音データは後日、上司に提出しました。
(気づいてたみたい)

スポンサーリンク