夫と友人が交際をしているのを知った。思いつく限りひどい方法で復讐した今、旦那の消息は

夫と友人が交際をしているのを知った時、
信頼を裏切ったつけは払ってもらうと決めた。

思いつく限りひどい方法で復讐しようと
いろいろ考えた挙句
うまいこと言って起業するときの
包括根保証の保証人になってもらうことにした。

旦那も友人もわたしに対する信用と罪悪感で
100万だけならってことで保証人になってくれた。

スポンサーリンク

ひどいと思いますが根保証の保証人の借用書というか
契約書はきちんと読まないと気付かないように
書かれてることが多かった。
(まあ10年以上前なので、いろいろやばかった)

結果、私は会社をつぶす前に借金するだけして
会社がつぶれそうだから迷惑をかけたくないといって
夫に涙ながらに偽装離婚を申し出た。

夫と友人は(特に友人の方は)
ものすごく喜んでいたと思う。
そして離婚してから私は逃げた。

スポンサーリンク

旦那と友人の実家はまだあるけど
旦那と友人の消息は聞かないので
そういう事なんだと思う。

今は外国の人と結婚をして国籍も変わってるし
ほんのちょっと整形もしてるし、
両親も鬼籍に入ってるしばれることはないと思う。

というか両親が鬼籍に入っていなければ
こんなことできなかったけどね。

たまにどうしてるのかなと思いだすこともあるけど
かわいそうだなとか申し訳なかったとかは思わない。

因果応報って言葉があるけど
ちょっと私の方が因果が多いかもしれないので
子供はいない。

1億近く借りた。

私が借りた当時は今みたいに過払い請求とかもなくて
債権も返せないとなるとサルベージ屋に売って
やばいところが取り立てに来ることも多かったから

消息がつかめないって点で察してほしい。

みんなも旦那や親だ兄弟だって言っても
保証人と名のつくものにはなっちゃだめだよ。

スポンサーリンク