ママかわいそうね、わたしの元気をわけてあげるからね

三歳なりたて娘。

辛いことがあり堪えきれなくて泣いてた私をナデナデして
娘「ママかわいそうね、わたしの元気をわけてあげるからね」と言い
自分のおなかから手でなにかを取り出す仕草をして
娘「ポリン!(効果音と思われる)」と言いながら
私のお腹に元気を注入してくれた
娘「これで大丈夫よー」

スポンサーリンク

私「…」嬉しいやら悲しいやらで泣き止めずにいたら
娘「あれ、じゃあもういっこね、ポリン!」
私「…もう充分だよ、ありがとう」
娘「○ちゃんの元気はたくさんあるんだからね、
ママにぜーんぶあげるんだよ」
娘「ママ、元気になーれ」

スポンサーリンク

普段はまだまだ甘えん坊のイヤイヤ盛り、
下が生まれ赤ちゃん返りもしてる
私も疲れて余裕ないから怒りっぽく、
ちっとも優しいママではいられなくて自己嫌悪の日々。

まさか、こんな風に励ましてもらえるなんて思わなくて
計算じゃない真っ直ぐなやさしさに涙が出た
本当に母を元気にしたくて、
あの小さな頭で一生懸命考えてしてくれたこと
幼い子供って純粋な愛情のかたまり。
ありがとう、明日も頑張るよ

スポンサーリンク