失業して金欠の極みだった俺は魔がさして100円盗んで食パン買ってしまった

一昨年の春に財布拾った
当時鬱で失業して金欠の極みだった俺は
財布の中お札びっしり入ってたのをみて魔がさして
100円盗んで食パン買ってしまった

情けなくて泣いてパン食いながら交番に届けたんだけど
それまで盗みとかしたこと無かったから罪悪感でお巡りさんに白状したら
「俺が貸してやる」ってその財布に100円入れてくれて
さらに千円を俺に貸してくれた
その千円で興奮しながら食パン十個くらい買って
家に帰って食いまくった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

落とし主さんが翌日すぐに見つかって
俺にお礼したいとアパートまで来てくれたんだが
お巡りさんに事情を聞いてた落とし主さんは凄くいい人で
十万円くれた
失くなったままだとカードや免許の手続きが大変だったんだから
気にせず受け取ってと言ってくれた

そのお金と食パンと世の中悪い事ばかりじゃないと気付いたお陰で
何とかもち直した
今思えばそんな思い詰めず友人や親戚に相談すりゃよかったんだけど
当時は絶対迷惑かけちゃダメだって強迫観念あった

何が言いたいかというとフジパンの食パンは最強で
お巡りさんにお金返した時に「もう大丈夫?ジュース飲む?」と心配されつつ
ジュースご馳走になったってこと
今では立派にパン工場の品質管理で毎日パン食ってる

スポンサーリンク