姉夫婦の子どもを育てる為に、会社の取引先のおっさんの愛人をしてた

昔、会社の取引先のおっさんの愛人をしていたこと。

姉夫婦がひき逃げで亡くなって、幼子二人が残された。
義兄の親が子供を養育するからといって引きとったけど虐待。
一年ほどで小学二年生の姪からSOSがきて発覚→大騒ぎした私が引き取ることに。
なけなしの保険金や財産は使い込まれていた。
当時は児童虐待やネグレクトなどの言葉は浸透しておらず、
警察も役所も面倒くさそうに
「ご家庭のことはご家庭で」と助けにならなかった。

スポンサーリンク

怯えて手のかかる甥姪を施設に預けることはどうしてもできなくて、
ド貧乏覚悟で引き取ったの。
でもやっぱりお給料日前は一円玉を数える日々で、
給食費も捻出するのに頭をかかえる日々。
姉の治療費の借金も返済が滞りそうになった時におっさんに声をかけられた。
週に数時間、たまに週末を付き合うだけで30万もくれるという。
あんまり悩まずに受けた。
ご飯のおかずがちょっと増えて、リサイクルじゃない服を子供たちに買ってあげられた。

スポンサーリンク

でも、きったないおっさんの変態行為に付き合って
手に入れたお金で子供たちのご飯を買ったなんて言えない。
きちんと後ろめたくなく育てることができなくて
姉夫婦にも甥姪にも申し訳なくて死にたい。
病気だってわかったけど、治療したくないのでここで吐き出し。
でも死んだ後に姉夫婦に会いたくない。

本当はずっと誰かに肯定してほしかったのかもしれません。

でも、おっさんとその趣味仲間は行為中に子供たちの話題を出したり、
私に名前を呼ばせたり、子供たちのお気に入りの公園に
私を呼び出すといったことがお気に入りでした。

もうずっと、私の中の深いところに
こびりついてしまってどうにもならないのです。
大事に大事にしたかった子供たちの名前を
お金のために辱めてしまったことが許せないです。
どうしてもどうしても許せないのです。

でも一人で勝手に決めていい問題ではないのかもしれません。
病気のこと、治療のことを二人に相談することを
すこし前向きに考えてみます。

スポンサーリンク