私さんが貯めたお金をさ、僕の夢のために、役立ててみない?

当方20代後半喪女。
職場で、男の先輩(推定30代なかば、独身)が
ちょっと親切にしてくれる。
具体的に言うと、口数が少ない私に飲み会で話しかけてくれるとか
仕事でややこしいところをアドバイスしてくれるとか。
好きになっちゃいそう…の前に、
私は中学の時、男子からいじめられていたので
(ばい菌扱いされて、触ったところを汚染された!
と騒がれるとか
ちょっと優しいことを言われて「ありがとう」
と返すと、あとでばい菌が口きいた―!ありがとーだってよー!と
バカにされてげらげら笑われるとか)
男性からの親切には「なんか裏があるんじゃないか」と思う癖がついている。

スポンサーリンク

会社の飲み会の帰り、その先輩が、
帰り道が一緒だからタクシーに相乗りしていこう、
私の家の方が近いから、途中で降ろしてあげると言ってきた。
ありがたく同乗させていただいて、
会社のこととかありきたりな会話をしているうちに

スポンサーリンク

「私さんて実家から通ってるんでしょ?」
「そうです」
「じゃあ、お給料は全部お小遣いだね」
「そんなこともないですが」
「私さんは真面目そうだもんね。貯金とかしてるんだ?」
「はあ、まあ、多少は」
「いくらくらい貯まった?」
「は?」

そこから、先輩には夢があって、
それを実現するために今は会社で働いてお金を貯めて
いつかは羽ばたくんだという話を始めた。

へーほーふーんと聞き流していたら、先輩はチラッチラッと私を見て
「だからさぁ、私さんが貯めたお金をさ、僕の夢のために、役立ててみない?」
バカかこいつ、と思う前に、
やっぱ喪女に親切にしてくる男なんて、
裏があるんだよなあと納得した。

だいたい、女に金をたかりたいなら、
(そうなりたいわけでは決してないが)まず深い仲になって
断りにくい気持ちにしてから切り出すもんじゃないのかね。
何で会社の先輩後輩という浅ーい関係で、
金をたかれると思ったのかわからんわ

先輩は「お客さんには好かれてるけど、ちゃらい」
というのが社内の評判です。
女性の上司がおりますから、世間話ついでに
「こんなこと言われちゃったんですう」とかチクっておきます。

スポンサーリンク