高校生の娘をSAで見失った事を妻が責める

高速道路のサービスエリアで
高校生になっていた娘を見失いました。
妻の好きな外郎(ういろう)を買いに行って、
そのままどこに行ったか分からなくなりました。

「何やってるんだ。のんびり投稿している場合か」
と思われるでしょうが、娘は小2の時に亡くなっています。

スポンサーリンク

もう8年も前の事です。
では、SAで娘に似た女の子を見掛けたのかと言われれば、
それも違います。
娘に出会ったのは私の夢の中での事なのです。

所々曖昧な部分がありますが、
街角で制服を着た高校生くらいの女の子が私をじっと見ている事に
気付きました。
すぐにそれは娘が成長した姿だと認識しました。
「○○か?」と聞くと、ニコッと微笑んで
「うん、そうだよ。お父さん」と答えます。
私は嬉しくなって、
「こんなに長い事どこに行ってたんだ」と言いました。

スポンサーリンク

次に覚えているのは、
娘と色んな所に行って一緒に遊んでいるシーンです。
電車に乗って、その後大きな公園を一緒に歩いていたのですが、
帰りは何故か車に乗っていました。

「もう家に帰ろう。お母さんに会いたい」
と言うので、娘を助手席に乗せて高速道路を走っていました。
途中SAに寄り、
「お母さんの好きなういろう買ってくる」
と言って売店に走って行き、私は車で待っていました。
でも娘は帰って来ません。SAの中を探しても居ません。
私は慌てふためき泣きながら娘の名を叫んでいる所で目が覚めました。

何だ、夢か。

この事を妻に話したら、
「私も高校生になった○○に会いたかった。何で一人で行かせたの」
と私を責め、
「私に食べさせようと、ういろうを買いに行ってくれたんだね。嬉しい」
と涙まで浮かべるので私は焦りました。
私の夢の話なのだから、会える筈ないのに。

あれから数日、娘は私の夢にも妻の夢にも出てきません。
どうしたら娘は夢に出て来てくれるでしょうか。

スポンサーリンク