子供たちを二階で寝させて階段を降りたら見知らぬ男がいた。総毛立つ感覚になって、気付いたら飛びかかってた

娘が3歳、息子が1歳の頃の夏
狭い庭で二人をビニールプールで遊ばせて疲れさせて
昼食からの昼寝が計画通り滑らかに進んだ日
子供たちを二階で寝させておいて、さあ家事だ!と
階段を降りたら、台所に帽子を被った見知らぬ男がいた
その瞬間、それまでもそれからもないレベルの
総毛立つ感覚になって、気付いたら飛びかかってた
男は私を蹴ったり殴ったりして退散した

スポンサーリンク

動機が収まらない内に二階に上がって、すやすやと
寝てる子供の可愛らしさが凄まじかったそりゃもう可愛かった
しばらく子供達を撫でたり眺めたりした後に
はっと気付いて警察、旦那、実家、ご近所さんに
起こった事を話して、しばらく騒動になった
皆様には多大な心配とお叱りと、
ちょっとだけお褒めに預かった
男は数年後に別件で捕まったそうです

スポンサーリンク

この総毛立つ感覚が人生最大の修羅場だと思う
死の恐怖と、相手への殺意を一緒に感じたというか
これ以来、動物が苦手になったのは困ってる
威嚇する犬や猫が、この時の私みたいな
心理状態だったらと思うと怖いし可哀想だから

あの、恥ずかしいんだけど、
殺意を持ったのは私なんです

相手(常習の空き巣だった)は階段を下りる音を聞いて
逃げようとしてた所で、見つかった上に襲われたんで
怖くて振り払って逃げたらしくて
こう書くと相手にとっても修羅場だったんだなぁと
あんな思いをさせられて決して許しはしませんけどね

スポンサーリンク