プロポーズされて彼の実家に行ったとき、彼がひき逃げにあった。それは復讐だった。

20年前の修羅場

当時趣味のサークルで知り合った男と付き合っていた
その男は車で2時間くらいかかる隣県から
サークルに参加していた
地元にも似たようなサークルはあるだろうに、
とちょっとだけ不思議だった

スポンサーリンク

俺、地元には友達いないんだよねと言っていた
朗らかでサークルでも人気者だったので、
女関係とかかな?とちょっと思っていた

結婚してくれないかとプロポーズされて
初めて彼の自宅に行くことになった
彼は父親の自営の手伝いをしていて、
デートとかでも結構羽振りがよさそうだったのに
彼の実家は市営?県営?住宅で古い団地だった

あれ?調子いいこと言ってたけど、結構やばいかも?と思った

彼が車を停めてくるから、
と先に団地の前で降ろされ、待っていたところに
中年のおばさんが来て「○○さんの彼女?」
とかそんな感じのことを聞かれた
ええまあ…みたいに適当に流したら、
そのまま立ち去っていった

両親も彼に似て明るく感じのいい人だったけど、
家は余り裕福には見えなかった
まあ実は貧乏とかでも人柄がいいなら
何とかなるかなあと思っていたころ
彼がひき逃げにあったと連絡があった

夜仕事の帰りに田んぼのあぜみち?で車にはねられたらしい
幸い、田んぼが柔らかくてケガはしていたが、
命に別状はないとのこと

スポンサーリンク

後日名乗り出てきた犯人は、
実は彼が昔事故でころした子供の親だった
まさに、彼がはねられたのと同じあぜみちで
自転車の小学生をはねたらしい
しかも、救命活動もせず逃げて
結局警察に逮捕されるまで黙っていたとか
当時未成年だったらしいが、
その事故で実刑を受けて服役していたらしい

ずっと父親の仕事を手伝っていたと言っていたので、
服役していたこともまったく気づかなかった
私が彼の実家の団地で話しかけられたのは、
どうやら団地内のスピーカーおばさんで、
彼が結婚しようとしているらしいことが
あっという間に広まったらしく、
それで被害者の親の耳にも入ったみたい

結婚なんて許さない!って気持ちだったんだろうな
実家が団地だったのは、補償金とかで自宅も全部売ったから

余りのことにびっくりして、
当時は携帯もまだ普及していなかったので
すぐにサークルを辞めて、
とにかく彼が退院する前に、と家も引っ越した
今だったらネットのSNSや携帯とかで
共通の知人が大勢残ってしまうけど
そのころはそれだけでもどうにか逃げ切れたと思う

今はその後縁があった人と結婚してこどももいるので
被害者?犯人?の気持ちは痛いほどわかるが、
逃げた彼の気持ちは今でもわからない
内容が内容だけに、親しい人には話せなくて
こうしてにちゃんで吐き出すこともできなくて
当時は本当に修羅場だった

退院して彼が私のことを探したかどうかも知らないが

スポンサーリンク