ちょうどあの時みたいで思い出してしまった

この時期になると思い出す、もう何年も前の、
今でも心に泥のようにこびりついてる最悪な話。
俺と友人は渓流釣りが趣味で、大学時代はシーズンになると
毎週のように2人で釣りに行っていた。

お互い社会人になるとそれも年に9回程度になり、
友人が結婚して子供が出来ると2,3回程度まで減っていた。

そしてその年は友人の会社の先輩も一緒に行くことになり、
半月前から3人で予定を組んでいたのだが。
一週間前になって天気予報で、当日の天気が怪しかった。

スポンサーリンク

3日前になるとほぼ確定で雨の予報。

「ちょっとくらいの雨ならむしろ釣果が上がる」

と乗り気な友人と先輩にたいして、
俺は

「あくまで安全に楽しむべき趣味だ。中止しよう」

と説得した。
予定していた場所は際どい獣道を歩いた先にある
玄人向けのスポット。
雨の日に強行するには命がけになる。

スポンサーリンク

俺は独身だが友人と先輩さんには嫁も子供もいる。
友人にそのことを踏まえて必死に説得し、
友人は渋々だが納得してくれて、
釣りの予定はキャンセルになった。

だが、そう思ってたのは俺だけだった。

友人と先輩さんはその日2人で山に入り、
天気は案の定雨。
後で2人で釣果を俺に報告し、
「お前もくれば良かったんだ!」と自慢するつもりだったとは、
後に先輩さんから聞いた話。

友人は、荒れた川に足を取られてそのまま。
葬式で死んだように青白い顔色をした奥さんと、
友人の遺影をぼーっと眺めている
幼い娘さんの姿が今でも心に焼き付いてる。

もっと必死に説得すれば良かったとか、
奥さんにも相談しておけば良かったとか、
今でも思い出すたびに後悔してもしきれない。
明日あさっては雨だ。
ちょうどあの時みたいで思い出してしまった。

スポンサーリンク