はじめて私が作ったチャーハンで夫「超うまい!何これ!!」

義母はメシウマ。出汁の味がしっかりする
上品な薄味。京風に近い。
私はフツメシ。田舎風濃い味。味は普通だが全体に茶色い。
夫と付き合ってはじめて私が作った料理はチャーハン。
超適当な醤油味で、具はソーセージ(アルトバイエルン)と卵とネギ。
「こんなんしかないわごめーん」と出したら
「超うまい!何これ!!」
と一分で完食した。完飲に近かったかも。

あとで聞いたら夫の家では
加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン、
イシイのミートボールなど)が禁止だったんだって。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まあ確かに大量に食べると大腸がんの元になるからね。
そのソーセージの脂が染み染みのチャーハンが
夫の舌にドストライクだったみたいで、
その後も「あのチャーハン作って!」
と度々リクエストされるようになった。
作り方を教えたのに「俺が作ってもいまいちあの味が出ない…」
と言う。そんなわけない。
正月明け、余ったモチで
「モチを海苔とベーコンで巻いてバターで焼いたもの」を出したら
「もう結婚するしかない」と言われ
「こんなもん私以外の誰でも作れるよ」
と言ったんだが結局そのまま結婚した。
夫があまりにも私の適当メシをありがたがって食べるので、
結婚前は「義母はメシマズなのでは…」
とあらぬ疑惑を抱いてしまっていた。

でも実際に夫家でごはんをいただいたら、
「おいっっし!!」と素で叫んでしまうくらい美味しかった。
私があまりにもバクバク食べるから義母は
「うちの人たち(義父と夫)は美味しいもまずいも言ってくれないの」
「こんなに喜んで食べてくれる人はじめて」と私を気に入ってくれた。
どうも義父も夫と同じく
バカ舌(失礼だけど正直言ってそうだと思う)らしく、
ジャンクな濃い味が好きなんだよね。

義父がゴルフの帰りにうちに寄ったとき、
夫が「あのチャーハン、親父にも作ってやって!」と言い
「あんな粗末なもん出せないよ」と言ったんだが
是非にと言われて作った。
そしたら義父も完飲してた。
体にいいものではないから、
今現在も加工肉の量は制限して食べさせてるけど
それも「ちゃんと俺を管理してくれてる!愛を感じる」
と夫は喜んでる。
でも義母だって義父と夫を思って禁止してたわけだし、
なによりあれほどのウマメシを
毎日食べられていたのにバチ当たりだと思う。
味の好みだからある程度しょうがないんだろうけどさ。
まあおかげで義母の料理(タッパーでたまにくれる)は
私が独り占めできるからいいんだが、
でももっと義母に感謝した方がいいと思う。ほんと美味しいんだよ。

スポンサーリンク