自分の顔が自分の想定より4割位不細工だった事に気づいた今、

物凄く下らない事なんだけど、
自分の顔が自分の想定より4割位不細工だった事。
しかも30過ぎてから気付いた…。

別に凄い美人だと思い込んでいたわけではない。
中の下、下の上レベルと思っていた。
ブスの並み、みたいな。

私が自分をブスの並みだと思った事件は、
高校時代バラエティー番組の観覧に当たった事。
芸能人の後ろに観客席があるタイプで、
ある芸能人のすぐ後方に私が座っていた。

なので、その芸能人がアップになると
後ろに悪夢のように浮かび上がる不細工な私。

スポンサーリンク

帰ってから放映されてあまりのブスさにびっくり。
しかもその椅子が単なる板で尻がずっと
痛かったせいで、番組が進むごとにブスが苦悶の表情に。

おこがましい事に、
それまで自分を

「超美人じゃないけど、よく見ると可愛い。
少女マンガで言うと主人公ポジションの顔」(!)

と思っていたので、幻想が打ち砕かれた。

スポンサーリンク

ほら、少女マンガの主人公って

「私は美人じゃないし…グジグジ」

みたいな事言いながら、モテモテじゃん。
イケメンに「あれ?こいつ可愛い」みたいに
惚れられたりして。

そんな事実はないのに、そう思い込んでいた。
しかし観覧事件が起こり、自分のブスを自覚、
身の上は弁えていたつもりだった。

そして時は過ぎ33歳の時、
地域のちょっとしたイベントでTVのインタビューを
受けた。

例の観覧事件の放送事故を思い出し、

「ブスが油断すると更に酷いことになる」

と、精一杯のキメ顔で挑んだ。
が、結果、高校の時よりも酷い顔で写るキメ顔のブスが!
あれは尻が痛いせいで割増でブスに写っていると思っていた。
だからキメ顔してればもうちょいマシだと思ったんだ。

でも尻が痛くても、キメ顔でもブス度は変わらなかった。

と、いうわけで30も半ば過ぎた今、
更に謙虚に生きるようになりました。
もう手遅れかもしれないけど。

スポンサーリンク