IKKOが家政婦さんに 「仲良くなって下さる?」 って聞いてて衝撃を受けた

昔から人と友達になる、仲良くなる、が出来なかった

思ってもじゃあどうすればいいのか?が答えられず
良かれと思ったプレゼントは物で釣ってる、
聞き役は自分の事は言わないズルい、
話し役に回れば自分の事ばかりと言われ…
振り返れば確かに自分も超極端だったと思うが
まぁ結果小中はしっかりいじめられたし、
高校で脱したけど今度は広く浅くで
友達と言うより今で言うキョロ充で終わった
社会人になったら最初こそよかったものの、
後からじわじわしんどくなって今度は会話のほぼない会社に転職した

スポンサーリンク

恋愛は一人の人だけずっと好きでいれば良かったのでむしろ楽、
駆け引き裏表無しで接してたら喪っぽいのにそこそこ
経験者になって結婚もできた

でも友達となるとそうもいかず、
家を買って引っ越ししてからも近所付き合いの仕方が
分からず、うまくいかねーなーと思って
ぼんやりテレビ見てたらIKKOがバラエティーで
伝説の家政婦?に世話になる番組をやってた

スポンサーリンク

家政婦さんの静かでぼやーっとした雰囲気に最初こそ
「…スタッフ?」みたいな笑いと扱いだったけど、
次々と見返す鉄板な展開
そこでIKKOが家政婦さんに

「仲良くなって下さる?」

って聞いてて衝撃を受けた

あーそっか、仲良くなりたかったら仲良くなって
下さいって言えば良かったんだよね
最初からそれだけだったのに、
変に凝り固まってキモい態度だったらそりゃ誰だって
近寄って欲しくなくて攻撃するよ
と、ガツンと頭にくる衝撃と共にうまく行かない
モヤモヤが落ちた

それからはご近所さんとは人見知りしない
子供同士の力も手伝って仲良くなれてるし、
程好い距離感で預けあいとか助けあえてる
Facebookを始めて、いじめに参加してなかった
小中の人とも繋がってきた
皆が大人の態度で接して来てくれてる筈だから、
自分も出過ぎ無いように気を付けてるつもり

ここにきて突然人間関係について人生とても楽しくなってきた
これからもIKKOと自戒を忘れずに生きていく

スポンサーリンク