帰宅後に髪をとかしたら、髪の毛がごっそり抜け落た。それを夫に見られ

私は再婚、夫は初婚。
私の前夫は交通事故で亡くなりました。
前夫が亡くなった後、私は実家に戻り、
幼なじみだった今の夫と再会し、
5年ほど経ってから結婚に至りました。
夫は私が再婚である事、前夫を亡くしている事を
もちろん全て知っていて、
理解した上での結婚なのですが、
トメは最初から私の結婚歴が気に入らなかったようです。

スポンサーリンク

戸籍が汚れている女を○○家の嫁として
扱うなんてまっぴらだ、
もっと若い嫁が良かった、生娘じゃないから汚い・・・等。
ことあるごとに夫が庇ってくれますし、
同居でもないのでなんとか我慢していました。

一昨年子どもを授かり、
無事に産まれました(息子です)。
トメにとっても初めての孫ですが、
トメが初めて息子と対面した時に、
「息子と全然似てないね。それより、
あんたの前の旦那に似てるんじゃない?」
と、そんな事はありえないのに、
嫌味たっぷりに言われました。他にも
「あんたの前の旦那にそっくりだから、
名前も同じにしたら?早タヒにする名前だから
縁起が悪いかねぇ?」
「うちの家系にこんな鼻の人はいないねぇ。
あんたの前の旦那の家系かねぇ?」と何度も何度も。

私自身を悪く言う時は、
夫が一緒でもおかまいなしで、
そのつど夫に叱られているんですが、
息子について何か言う時は、
夫が居ない時を見計らって言います。
前夫が関わっている内容なので、
夫にも言い出しづらく、数ヶ月経ちました。

義実家の法事の時、
またいつものように陰で息子と前夫についてあれこれ言われ、
帰宅後に髪をとかしたら、髪の毛がごっそり抜け落ちました。
それを夫に見られ、「どうしたんだ!」と驚かれました。
ストレスで髪がぬけるという事を自分の事として体験し、
もう限界なんだなぁと感じました。
そこで初めて、夫の知らない所で
トメに言われた数々の暴言を夫に話しました。

話し終えた時点でもう夜遅かったんですが、
夫はその場でトメに電話をかけました。
私と息子の事で話し合いたい、
言いたい事が山のようにある、と。
翌日、私は夫に連れられて義実家へ行きました。

夫はトメに、
「俺はこいつの最初の旦那さんの事は
全部承知の上で結婚した。
◎◎さん(前夫)が不慮の事故で亡くなったのは
確かに不幸な事だったけど、
だからこそ俺は今度こそこいつを幸せにしたいと思って
結婚したんだ。
こいつは再会した時よりもずっと明るくなったし、
子どもも産まれた。
これから家族三人で平和に暮らしたいと思っているのに、
どうして邪魔をするんだ?
息子が◎◎さんに似ているように
おふくろが感じるなら、それはそれで仕方ない。
でも、もしそうだとしても、
それのどこが悪い?◎◎さんが守ってくれてると思えばいいじゃないか。
俺ら両親と◎◎さんの三人で息子を見守っているって、俺は思える。
なのにどうして、関係ないおふくろがこいつを責めるような事ばかり言うんだ?」
実際は合間にトメが言い訳を挟みましたが、
こういう内容の事を言ってくれました。

スポンサーリンク

トメも最初はおとなしく聞いていましたが、じきに不機嫌になり、
「おかあさんはあんたにもっといいお嫁さんをもらってあげたかった」
「旦那を早タヒにさせた女なんか縁起が悪い」
「そんな女と暮らしていたら、あんたも精気を吸い取られて早タヒにする」
「孫も可愛くない。あれはあたしの孫じゃない。嫁子と前の旦那の子どもだ」
正確ではありませんが、こういった言葉を喚き散らしました。

不思議なもので、
私は怒るよりもトメが哀れに思えてしまいました。
ほぼ無意識に「お義母さんって、
かわいそうな人ですね」と呟いていました。
一言言ってしまえば、もう全部言ってしまえ、という気持ちになって、
「私を気に入らないなら、それで結構です。
私には夫さんも息子もいますし。
気に入らなくていいです。その方がいいです。関係ない方がいいです。
◎◎さんが亡くなったのを私のせいだと言うなら勝手にしてください。
でも、例え本当に私が悪いんだとしても、
あなたにとやかく言われたくありません。
息子を孫と思えないのも、その方がいいです。
関わらないでください。
お互いに気に入らない同士なんだから、今すぐ縁を切りましょうよ。
もう二度と会いたくないです。私もあなたが大嫌いです」
涙がボロボロ出たけど、全部言えて本当にすっきりしました。
特に、大嫌いだと言えたのが、なんだかすごく嬉しかったです。

トメは「あんたなんか嫁じゃない!出て行け!」と叫び、
私は言われたとおり、出て行きました。
すぐに夫が追って来て、
「全部吐き出してすっきりしたか?ごめんな、あんなおふくろで。
お前は金輪際、俺の実家には関わらなくていい。
俺もお前や息子を悪く言う家とは付き合いたくない。
今度この家に来るのは、おふくろの葬式かもしれないな…」
と言いました。

夫はその言葉どおり、その後実家とは行き来していません。
昨年末に引越しをしましたが、新しい住所も知らせていません。
夫とトメを仲違いさせたのは多少心苦しいのですが、
あのトメならどんなお嫁さんでも同じような結果に
なっただろうと自分に言い聞かせています。
夫と息子と私は、夫の言葉どおり平和に暮らしています。

「お前」「あんた」「こいつ」は、私の感覚では普通でした。
と言うか、トメに「あんた」と言われるのは嫌でしたが、
夫に「こいつ」「お前」と言われるのは別になんとも思いません。
言葉面は乱暴なように見えるかもしれませんが、
不快には聞こえませんし。
私達夫婦が住んでいる地域では、
夫婦で「あんた」「お前」は当たり前で、
特に見下しているとかそういう意味合いの呼び方というわけではありません。
田舎だからかもしれませんがw

スポンサーリンク