旦那「このクッキーおいしいから食べてみ(にやり」やけに重たい…と思い剥くと 「これ何!?」

私はバイクが大好きなんだけど、
好きっていっても原付限定で
スクーターに乗っていた。

でも以前からマグナ50っていうバイクが
すごく欲しくて、パートのお小遣いを貯めたりしていた。
生活費のこともあるのでちょびちょび
貯金していた時旦那が

「無理しないで、原付のお金俺がお金出すよ?」

と言ってくれたけど、
生活費を多く払ってくれてる旦那に
そんなことさせられないと、
最後まで20万円ためた。

スポンサーリンク

しかしそこで修羅場、私の実家(田舎から電話)
実家の仏壇買い替えるから
親兄弟同士でお金を出し合えとのこと。

「私は長女だから多めにだしてくれ」

と10万円出すことに。
突如のことで、貯めたお金から10万円実家に送って
バイクの道が一気に遠のいた。

落ち込んでる際に旦那が

「こっちでお菓子でも食べよう」

スポンサーリンク

とケーキやら飴やらブッセを用意しておいてくれた。
優しい旦那に泣きそうになりながらも、
ケーキを頬張っている際に、
旦那が箱を取り出した。

「このクッキーおいしいから食べてみ(にやり」

とクッキーを差し出す。
普通の紙に包まれた飴じゃ…?
でもやけに重たい…と思い剥くと

「これ何!?」

純金のバーが現れて声を失う私。

「実はさ、独身のころ懸賞であたったんだよ。
いつか私ちゃんにあげようとは思ってたんだけど」

ゴールドバーと旦那を見ながら

「え…あ…」

とあたふた混乱。

「嫁実家の支払いで大変だったろ?
それ売ってバイク買いなよ」

こんな大事なの受け取れないといっても、
仏壇の件本当は旦那も半分支払いたかったみたいで、
それを断ったんだからそれくらいの事はさせてほしいと
旦那も頑固で引かない。

おかげで買えたマグナ50は一生の宝物です。

旦那の誕生日にはPS4と新しいPCを買ってあげる予定。

スポンサーリンク