最初に言っておく、これは釣りでもないし、俺が基地外とか精神病とかでもない

5日前の事だ。俺は朝の9時から5時まで仕事をしてるんだ。

仕事が終わり近くの灰皿がある公園で一服していると、目の前のベンチに変な格好をした

おじいさん?が座ってじっーーーと俺の方を見てる。

俺は目を合わせないほうがいいなぁと思って携帯をいじりながら煙草吸ってた。

2本すった所で帰ろうと立ち上がった瞬間におじいさんも立ち上がってこっちに来なさい

見たいな感じで手招きをしてくる。

ちなみにおじいさんの格好は…なんだろ。ユニクロで売ってるようなモコモコのジャンパーに、

シャカシャカのプーマのズボンに、無印の黒い帽子だった。

あと髭がすごかった。

まぁ手招きされても怪しいから、俺は無視って家に帰ろうとしたんだよ。

そしたらすんげぇでかい声で一言いったんだ。

なんか『くおらっぁぁ』みたいな感じで、、、

んで俺は恐くなっちゃって恐る恐る近づいて行ったんだよ。

そしたら紅茶のあまぁーい香りがすんのこのおじいさんwwwww

んまぁ近づいて行ったらここに座りなさいとベンチに座らせられた。

俺は宗教かよ…って思って内心ビクビクww

そしてそのおじいさんが一言

 

『この世界って1つだと思う?』

 

って言ってきた。

俺はほえ?って思った。てか声に出してた。

そっからおじいさんが語りだした。

世界はいくつもあるとか、自分はそれを行き来できるとか、そこは凄く不思議で楽しいとか。

大体15分くらい話した所でおじいさんが一言。

 

『行 っ て み た い ?』

 

俺は『いえ、怖いです』って言ったwwwwww

てか普通に怖かった。

これが宗教の勧誘なのかぁって思ってたらいきなり手をにぎられ

 

『大丈夫(*^-^*)楽しくて何もかも忘れらるよ』

 

と言ってきた。

俺はそれでも断った。

なにせまず怪しい。

てか普通だったら断るよなwwww

そしたらおじいさんが

 

『私の事怪しいと思ってる?思ってるよね?あっ今宗教だなって思ったね』

 

って言ってきたのを聞いてますます恐くなった

 

『きみが今頭の中で想像してること当ててあげようか?』

 

俺はそれを聞いてTVのマジックを思い出した。

普通なら果物とかを思い浮かべるんだけど俺はガッキーの襲われてる映像を

ひたすら流してやった。

そしたらおじいさんなんて言ったと思う?

 

『女の子が襲われてるね?これTVの子』

 

って。

俺は鳥肌がたって今すぐにでも逃げだしたくなった。

おじいさんを振り切って逃げだそうとしたけど脚が動かない。

ほんとに動かない。

でも上半身はびくびく震えてたのは分かった。

震えてたらおじいさん

 

『大丈夫(*^-^*)落ちついて』

 

って言いながら肩をぽんって叩いた。

そしたらピタッと震えが止まり、脚も軽くなった。

そこから震えが止まらない+眠気もやってきた。

気が付いたらもうベッドの蓋をあけて寝てた。

起きたら時計をみたらもう夕方だった。

とりあえず腹が減った。

家の中を探してもなにもない!てか冷蔵庫がないんだ。

そこで俺はコンビニに行った。

コンビニもなんにも変わらない。

見た目だけは…商品が変だった。

まず飲み物はあのコンビニの開ける扉が自動でシャコン!って上に開いた、

びくってなってなんでもいいからとりあえずとろうとしたらなんか全部!缶なの!

それもみかんとかが入ってる缶詰!!

え?って思ってとりあえず3本くらいかごに入れた。

そしてなんかカップラーメンみたいなものを買いたいって思ったけどどこにもない。

なんか透明の箱にお握りみたいなのが5個はいってるのがあった。

スポンサーリンク

食べ物かな?って思ってそれを取ってレジにむかった。

そしたらレジのおねーさんはばか可愛いwww

でもなに言ってるかわかんね。

合計が1300円?くらいだった。

なんかモニターに出てたから財布の中の10000円?らしきものを出したら

普通に1000って書いてあるお札が8枚と小銭が返ってきた。

5000札はなかった。

 

家につくとますジュース?いや缶詰を開けた。

そしたら水色のビー玉みたいものがいっぱい入ってた。

匂いは無し。

持ってみると以外と柔らかい。

なんかみず風船みたいな感じ。

思いきって噛んでみたらぷしゃって口の中で弾けたw

そしたらまじでサイダーの味がしたwww

うめぇぇぇぇって思って少し気が楽になった。

そして透明の箱を開けるとお握りがあった。

味はなんか焼き肉のお握りみたいな感じ。不味くはないてか上手かったw

その日は風呂に入りたいって思って風呂場らしきものに入ると、

トイレはなんか普通?へんなところと言えば便座がスポンジみたいに柔らかい。

風呂は変だった

まずシャワーがない、蛇口もない。

へんなボタンが二つついてた。

青と黄色のボタンで中央にへんな文字。

とりあえず青を押してみた。

そしたら壁にに小さい穴が開いててそっからあったかーい水がしゃーーーってでてきた。

すんごい気持ちいいwww

黄色はなにかなって思ったら上から泡がもふもふって落ちてきた。

とりあえずさっぱりして寝ようとしたら急に帰りたくなった。

泣きべそかいて寝てた。

 

朝は9時くらいに起きた。

窓を開けると通勤してる社会人、子供とかいっぱいいた。

なんか車がかっこよかった。

すげえ細くて縦に三人のりくらいで!!バイクは見かけなかった。

外にでて煙草が吸いたいって思ってもコンビニに売ってないし少しイラついた。

まぁコンビニで売ってても買えないだろうけどいつもの公園の前を通ったら

思わず2度見した。

 

あ の お じ い さ ん だ

 

俺はすぐに駆け寄り

 

『元の世界に返してくれ!!!!』

 

って言ったら

 

『まあまあ落ちつきんさい。どぉでした?貴方のいる世界と違ったでしょ?

お金も入れといたから不便はないと思いますよ』
俺は

 

『楽しかったから!早く!』

 

とすげえ焦ってた。

おじいさんは『はいよ』って言ってまた肩をぽん。

そしたらまたあの感覚だった。

海に落ちるような感覚。

 

気がつくとあの公園だ。

スーツ姿で消えた日のあの時刻だった。

とりあえず震えが止まらなかった。

そしたら誰かにぽんっと肩を叩かれた。

振り向いたらいなかったが、紅茶のあまぁーい匂いが鼻についた。

震えは消えていた。

一服して帰った。

 

以上!俺が体験した変な世界のはなし!!!

 

 

☆字はこんな感じ

この文字のあとに絶対変なマークついてたな

 

723fc2c3

 

☆おじいさん

 

7d1c2b18

 

スポンサーリンク