離婚届けを出した後に本音で話し合った
その中でいろいろ嫁に聞いてみた

浮気していても様子が変わらなかったよな
新しい服やセクシーな下着を買うとか
携帯を持ち歩くとかなかっただろ

これに対する嫁の返事がもっと
長かったがだいたい次のような感じだった

服は以前から安い時期に集中して買っていたから
浮気しているからといって変化はなかったわね
下着はもともと古くなる前に買い変えていたから

それより下着まで調べていたの
ご苦労様
浮気しているからセクシーな下着を買うだろうって
どこのおとぎ話よ
そんなわかりやすいヘマはしない

携帯は一番気をつけていた
1人でいるとき以外は決して連絡をしなかったし
いつも持ち歩くなんて馬鹿なことするわけないでしょ

パスワードなんてわからないと思うけれど
万が一があるから覗かれても大丈夫なように
連絡した後は必ず全て削除した

スポンサーリンク

それと携帯に触られたかどうかを確認するために
置き方を決めていた
向きが少しでもずれていたらわかるように
携帯をどこに置いても必ずある物に向けて置くようにした

細心の注意を払っていたようで
ここでよく見かける嫁の様子が変わるという
パターンと違った

もう1つ違うことがあった
浮気が発覚して話し合いになったとき粘着してこなかった
もっと抵抗してくると予想していたが
愛情が全くないとは思えなかったので
こっちから聞いた答えが次のような内容だった

そのへんは女性でも2つのタイプに分かれる
終わった恋愛にしがみつかない女性は多い
私はそのタイプ
それより次の男性を探すのに全力を使う
むしろいつまでもしがみつこうとするのは
男性の方が多いんじゃないのと言っていた

ではどうして発覚したかというと
次のようなことがあったから

会社に電話がかかって来た
相手は知らない女性だった
大事な話なので会って話したい
嫁の浮気についてだと言われた

不審に思ったものの会社が終わって
会社近くのファミレスで会う約束をした

この時は半信半疑だった
嫁はいつもと様子が変わらないし
夜のペースも変化無しだったから

相手から聞かされたことは
相手の夫と俺の嫁が浮気しているという事だった

夫の様子が怪しかったので興信所に依頼したところ
2人がホテルに行っていたことがわかり
証拠の写真もあるとのこと

すぐには信じられない話だった
その写真を見たいと言ったが
どんな人かわからないので不安だったから
この場には持ってきてないとのこと

こんな話をするなら信じてもらうためにも
写真を持って来てもよさそうだが
それはこちらの勝手な気持ちかもしれないと思い
次の日に見せてくれるように頼んだ

間嫁は間男の様子がおかしいので
携帯を覗いたところ浮気に気がついた

間男は以前も浮気したことがあって
そのときは問い詰めても知らないと言うばかりで
どうしようもなかった
そこで今回は興信所に頼むことにした

前回の浮気のときは離婚を考えていなかったため
浮気をやめてくれたらいい
そう思っていたので強く言わなかった
その後浮気をやめたので平穏な暮らしに戻っていた

ところがまた浮気された
今度は絶望的な気持ちになった
子供ができてから浮気され夫が浮気相手の方に本気になった場合
離婚となれば子供を連れては自由に働けない
だから今回のことで離婚することにしたそうだ

子供ができて離婚した場合は
養育費をたくさんもらいたいところだけれど
あついが払ってくれる保証はないので今のうちに離婚する
と間嫁は言っていた

間嫁は今後のことを考えて俺に協力を依頼してきた
離婚することは決めているが
それ以外はどうしたらよいか不安である
まずは今後の相談をしていきたいということだった

証拠の写真は1回だけなので興信所の人には
もっと証拠を取ったほうがいいと言われているそうだ

しかしこれからどのくらい費用がかかるかわからないので
どうしようか迷っているとのこと

できればさらに証拠を増やしたいのだが
金銭面で協力してもらえないだろうかと頼まれた
今後の興信所の費用は半分支払ってほしいとのこと

そのかわり手に入れた証拠は
これまでの物も含めてすべて貸してくれると言われた
費用の条件についてはすぐに承諾した

費用のことはかなり気にしていた
これまで会う日に興信所に依頼するものの
2人は食事だけで終わることが何度もあったので
費用を無駄に使っているとのことだった

今後も食事や酒を飲んで終わることが何度もあれば
費用が心配だというのはよくわかった

それから交渉するときに
どう話をすればこちらの希望が通るかなど
話し合いの場での不安も大きいとのことだったので
それについての対策も
これから相談しながら立てていくことにした

メールを見て次回の浮気の日が確認できれば
興信所に連絡するから
それまではこちらの動きを
悟られないようにしてくれと間嫁に言われた

知ってしまったから気になるが
できる限り普段通りに過ごすようにしなければならない

状態を変えないように細心の注意を払って
タンスなどの中を調べた
服を見たり下着を見たが
特に変なところもなく何もわからなかった
化粧品の場所と台所も見たが何も出てこなかった

スポンサーリンク

携帯はパスワードがわからないし
携帯があるのは嫁が家にいるときだから
危険なので初めから調査の対象外だった

嫁より俺が先にボロを出しそうなので
もうこれ以上は調べるのをやめた
嫁に気がつかれると元も子もない
嫁は小さい変化も気がつくかもしれない

こういう細かいことは男の方が下手だから
証拠探しに関しては間嫁に任せることにして
費用の負担でバックアップすることにした

女と男との勝負より
嫁と間嫁との女と女の勝負にする方が
勝つ可能性が高いと思った

当時、俺は31歳、嫁は28歳
婚姻期間2年の子無し
間男は34歳で子無し
間嫁は29歳
嫁と間男だけは同じ会社
俺は他の3人とは別の会社

再び証拠を押さえた
これからのことを相談したいと間嫁から連絡があった

間嫁と離婚条件について打ち合わせた
間嫁はいつかはだれかと再婚したいから早い決着を希望していた
間嫁と慰謝料について検討した
慰謝料をできるだけ取ろうということになった
間嫁と協力関係が作れると支払いの限界がわかっていい

他の人とはやり方が違うと思うがまず限界額を決めた
嫁が400万で間男が600万
これを支払ってもらい俺と間嫁で分けることにした

間嫁は今後の生活のことを考えると
できる限り取りたいということで強気でいくことにした
2人からの慰謝料を俺と間嫁で2:3の割合で分けることにした
具体的には400万、間嫁600万となる

これを話し合いの場で提示する
相場より高いかもしれないが
無理とは思えない範囲なのでこれで押すことにした

今後の生活や収入を考慮すると間嫁の主張はわかる
間嫁は預金は全部取りに行くつもりと言っていた

浮気に気がつき証拠を集めたができたのは
間嫁のおかげであること
これまでの調査費用を全部出してくれていること
俺と会って以降の興信所の調査費用はさほどかかってないので
俺は出さなくていいと言ってくれたので
間嫁の方が少し多めになるのは構わないと思った

4人で集まった
もともと親しかった嫁と間男は7か月前から関係していた
俺と間嫁は離婚と慰謝料を要求した

間男は離婚については保留しようとしたため
間嫁は離婚の意思が強いことを伝えた
間嫁と間男で口論が続いたが最終的に離婚で双方納得した
俺達の方は離婚に関しては比較的短時間で決着した

離婚したいと言っている俺を説得するのは無理と判断した嫁は
途中から再構築の話をしなくなった
ただし慰謝料について減額要求があったので応じた

現実問題を考えて対応した
現在のところは引き続き俺が住むので
嫁は新しいアパートを借りることになる

嫁が住むアパートを借りるための費用と
最低限の家具や家電や布団や生活に必要な品の購入費と
3か月分の生活費をまず嫁の預金から確保してもらった

その残りから慰謝料を払うことはできなかったので
嫁の預金の残りはそのまま嫁に持たせて
慰謝料のほとんどは分割にした

離婚したうえに預金が少なければ不安だろうから
話合いの前から分割になるのは予定していた

嫁の慰謝料は
俺に対して150万(毎月5万の30回払い)
間嫁に対して100万(最初に10万支払って毎月3万の30回払い)

間男の方は
共有財産を間男と間嫁が半分ずつに分けて
間男の取り分から慰謝料を支払う

間男の慰謝料は間嫁に対してさらに追加があった
慰謝料とさらに追加を認めた背景は
前回の浮気の時に間男は
二度と浮気しない
もし浮気したら何でも言うことを聞く
と言っていたようでそれが間男に災いした

間男は俺に150万で間嫁に450万
間嫁は引っ越しを希望していて嫁の方式が気に入ったようで
アパートを借りるための費用と
家電や家具などの購入費の実費を追加することに決定
それらの購入費の一部はローンで払うことに
支払先が店になるので同じ分割でもこれなら安心である

嫁の方は2年半の分割払いだから不安もあったが
慰謝料は延滞されることなく返済された
よく親が立て替えてくれる話があるが考えなかった
もういい歳をした大人が親を巻き込んで
親に負担をかけるのはよくない

離婚するときに丁寧な謝罪はありました
その後はどうなったかは知りません
調べればわかることですが調べる気になりません

ほとんどフェイクが入ってないので
最後くらいはぼかしておきます
大雑把にいって10年前ということで

私は再婚しています
元嫁とは完全に縁は切れています

浮気はするけれど本線は結婚生活だと思っていたのでしょう
だから元嫁はできれば離婚したくなかったと思います

これは推測ですが元嫁があっさり再構築の
希望を引っ込めたのは作戦だと思います
元嫁は間違いなく再構築をしてほしいと思っていたはず
だから最も効果的な方法を取った
しつこく要求すると反感を買うだけ
それならスパッと引いて向こうから来るのを待つ
さほど有効な方法とは言えないが
それが一番可能性が高いと判断したのでしょう
反省した様子を見せ何も求めず
こちらの要求をのんでしおらしくしておく

こちらの性格を踏まえた上での最適な作戦です
確かに弱っている元嫁を見ると少しは心が動きました
しかし再び浮気されても全く気が付かないと思うので
こんな危険な女性は無理だと思い再構築はしませんでした

私の件は終わりにします

スポンサーリンク