震災後、姑から誤爆メールが届いた 『嫁は被爆してもう使えないんで捨ててこい』

姑がメールを誤爆した。
本来なら旦那に送るつもりだったみたい。

うちには1歳になったばかりの男女の双子がいる。
旦那実家は信州、私実家は関西
関西本社勤務だった旦那は、去年の秋に転勤になり、
今は関東(農作物に影響の出た県)に住んでいる。

スポンサーリンク

地震のときは本当に偶然に子供連れて私実家に帰っていた。
一人で2人連れて帰るのは大変なので、
旦那が金曜日に有給とって日曜日に一人で帰る予定っていう
今考えても神様に感謝したい予定。

今も実家にいるので水不足も放射能もれも、
とりあえず大丈夫。
私は「あなたの実家にも心配いらないって連絡入れておいてね」
と旦那に頼んであった。

ここまで前振り
土曜日の朝に姑からメールが来た。
曰く「放射能が心配だから、こっちに帰ってこい。
跡取りの男の子君は必ず連れて帰ってくるように。
女の子は被爆したんで碌な子供はもう産めないだろうから使いもんにならないが、
女ならそれなりに稼ぐ道もあるだろうから、どっちでもいい。

嫁は被爆してもう使えないんで捨ててこい。
息子君も放射能かぶっているかもしれないから、
谷川のきれいな水でふろを沸かして待っている
お父さん(舅)も待っているから、早くしろ」

メダマドコ????

スポンサーリンク

旦那にメールを転送して
『どう判断するかはあなたに任せる」とだけ付けといた。
折り返しで、えらい勢いで電話がかかってきて
すぐに親に電話するから、と。
さすがに旦那も驚いたらしかった。

私実家にいる、と言わずに
「心配ない。みんな無事』とだけ実家に伝えたらしい。
父にもメールは見せた。
普段、怒ったところを見たことがあまりない父が
赤鬼みたいな顔で携帯をにらみつけていた。

しばらくして、旦那実家から電話が来た。
電話してきたのは舅だったようだけど、私は出なかった。
母が出て父に代わって、父は黙って聞いていたが、

「そちらがどういう思想の持ち主なのか、よくわかりました。
これからのお付き合いはそれなりにさせていただきます」

だけしか言わなかった。

旦那の弟クンの就職とか父が頼まれてたんだけど、
白紙になるだろうな。
(父は結構大手の、それなりの役職にいるので)

旦那は当分、休みがとれそうもないのでこっちには来れない。
そのためか、土曜日の夜に電話で父と長いこと話していた。
それから、父は義実家の家電と全員分の携帯番号を着拒にした。
もうしばらくこっちにいる予定だったんだけど、
その後、家に帰れるかどうか、わからなくなってきた。

孫バカの母と祖父母が今日は少しあったかいと
双子用のベビーカーで散歩に出たすきにカキコ。
正直、もう、世の中がどうなるのかわからない。

明日、どうなるんだろうね。
なんか、涙が出て止まらない。

スポンサーリンク