付き合っていた彼女がいた
結婚を考えてご両親に挨拶に行ったけど、
面接のように俺の生い立ちから経歴まで
根掘り葉掘り聞かれて、その結果
罵倒、拒絶をされた

俺は我ながら家庭に問題があるし、
貧困のため学歴にも苦労したから
そうなることは想定の範囲内だった

スポンサーリンク

ただ、俺が罵倒されている最中に
隣の彼女は傍観していたのがショックで冷めた

両親からも拒絶され、
俺の心も彼女から離れたので
そのまま別れる方向にシフトしようと決めた
後日彼女にそれら全てを正直に話して別れた

それからしばらくして、
彼女から連絡が来て復縁したいと言われた

「両親とは私も一切関わらないようにするし、
今度何かあったら必ずあなたを守るから」と

確かに俺が挙げた問題点はクリアしてはいるけど、
それでも一度離れた心は戻らなかった

断ったけど、その後もたまに連絡が来ては
復縁を匂わせる話をしてきた

お互いのためにもきっぱり清算したほうがいいと思い、
一度会ってしっかり断ることにした

ファミレスで会って「復縁はない」
ときっぱり告げたところ、彼女は押し黙って
目を真っ赤にしながらもニコニコするだけだった

スポンサーリンク

昔付き合ってたから知ってるけど、
彼女は本当に辛いときは作り笑いをする

愛情はないけど情は残ってたのか、
それを見てとてもいたたまれなくなり
復縁を受け入れてしまった

彼女は宣言通りに両親とは絶縁したらしく、
また、以前よりも俺を気遣ってくれるようになった

元々穏やかな子なので
客観的に見ればパートナーとして不満は何もない

それでもどうしても以前のような
恋愛感情を持つことはできなかった
それを内緒で交際を続けついに結婚した

今でも仲良く暮らしているし、
彼女も幸せそうなので後悔はない

だけど(もし、本当に好きな人と結婚できていたら
全く違った人生だったんだろうな)と
ふと思い浮かぶのも事実

もう二度と本当の恋愛をすることは
叶わないんだという諦めもある

全て自分の行動の結果だから
自分の責任として受け入れているけど

ただこうなった以上は妻には
絶対に本音を悟られないようにだけ
生きていこうと思う

悲しむ姿が見たくないがために
嘘をついて復縁した結果悲しませたら本末転倒だから

スポンサーリンク