男「コンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探して」私「すごく急いでいるんです!」後日

自分が小さい頃なので、もう20年近く昔の話。

その日は、子猫を拾って飼うことに許可を得た次の日で、
早く子猫の待つ家に帰りたくて学校からの帰り道をダッシュしてた。

公園に差し掛かったとき、
20代前半くらいの男が公園から出てきて、
ダッシュ中の私に話しかけてきた。

男曰く

スポンサーリンク

「コンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探してくれないか」

と。
しかし私はさっさと子猫のもとに帰りたい、
ついでに言うと公園から出てきたのに
公園横の道路を指差してこの辺に落としたと言い張ってて
なんか怪しい。

「すごく急いでるんです!」

と答えて去ろうとすると

「いやでも今ほとんど見えてないんだけど」

と焦った様子で畳み掛けてきた。
見えてない?!これはチャンス!と思った私は

「じゃあ私のことも見てなかったことにして下さい!」

と叫んで走り去った。
男はなんか

「えっ…」

って言ってたけど構わずダッシュで帰宅。
ひとしきり子猫と遊んだ後、母にそう言えば
こんなことがあったと報告。

スポンサーリンク

母は

「変な人もいるわねえ」

と流してしまった…多分時代もあるんだと思うけど。
数週間後、母に

「これって!あんた!」

と言われて覗き込んだ新聞記事には
全く同じ手口の強制わいせつ犯が
隣町で逮捕されたと書かれていた。

なんでも探すのを手伝った子に
コンタクトを踏ませて

「お前が壊した弁償しろ、できないなら体を触らせろ」

と迫っていたらしい。
その時は普通の人に見えたのに
何て卑怯なやつなんだ!と衝撃を受けたが、
大人になった今そいつの卑劣ぶりに腹が立って仕方ないのと、
もしその時点で私が警察に連絡してたら
次の被害者は出なかったんじゃ、と自分にも腹が立つ。

今書いててなんか怒りが蘇ってきた…
警察に突き出してやりたかった。

今は大人が子供に話しかけただけでも
保護者は通報してくれるし、警察が動いてくれる世の中だから
通用しない手口でホッとしてる。

通学中に不愉快な目に会うことが多かったので、
いつか仕事を退職した後は積極的に徘徊というかパトロールして
子供の安全を守るババアになるんだ…と密かに決意してる。

スポンサーリンク