ある日朝起きたら子供二人が布団の上で・・触るとひんやりして少しだけ固かった

数年前、旦那が出張続きで全く家にいなくて、
近距離住まいのウトメが月10数回の病院通いに必ず私を呼びつけ、
私自身も甲状腺の薬飲んでて、
イヤイヤ期の2歳と長い赤ちゃん返りの5歳の子供を抱えて、
思い返せば完全にノイローゼだったんだけど、
そう気づく余裕もなかったって時期があったのよ

スポンサーリンク

ある日朝起きたら子供二人が死んでたの、布団の上で
目の色が濁って髪はぼさぼさで、
触るとひんやりして少しだけ固かった
二歳の子は青白い寝てるような顔だったけど、
上の子は赤くて苦悶の表情の顔で目を開けてた
私の腕はひっかき傷だらけで顔もヒリヒリした
上の子のキャラ物ののパジャマのズボンはビショビショで、
子のお気に入りなのにと悲しくなった
尿の臭いが部屋に充満してた
差し込む朝日で埃がキラキラしてた
涙がボロボロ出た

スポンサーリンク

で、ハッと目が覚めたのよ
夢だったのね
その日に旦那に電話して「私のキャパを超えたのでもう無理」と言った
ウトメにも電話して「もう病院通うのにバスやタクシー使って欲しい、
私はもう手伝えない」と言った
遠方な実家にも「もう無理みたいで壊れそう」と電話した

それ以降状況は改善されて、
精神科にも長く通って、だんだん私も安定していった
でも数年経った今でもあの夢のディティールの細かな一つ一つまで明確に思い出せる
元気に小学校に通う我が子たちを見てても、
子供を殺した実感ははっきり持ってる

結局病気は治ってないのかな
でもあの夢を思い出すと、
子供との時間を大事にしなきゃって気持ちになる

スポンサーリンク