嫁を実家に連れていった。妹「つかえねーな」母親「本当にねぇ」そうしたら嫁、ソファーから立ち上がって二人に

俺、長男だけど
小さい頃から両親に

「使えない奴」

って言われ続けてきた
親がそんな調子だから弟も妹もそんな風に扱う
で、おかしなことに使えない奴って言われながら
酷使され続けてきた

小さい頃は家事係、就職したら家事係兼財布係
おむつ替えて靴下はかせてやったりしたチビたちに

「小遣いもっとよこせよ使えねーな」

と言われるようになった時は悲しかった

でもぼんやり使われながら生きてた
そして図書館でふとした切っ掛けで嫁と出会い
お互い好きになって結婚した

スポンサーリンク

嫁は料理が苦手だから仲が深まってからは
俺がマンションに通って飯とか作ったりした
俺、恥ずかしながら
外で週一程度旨いもん食える程の金も無かったんだ
でも甲斐なしなんて言わず嫁は喜んでくれた

「嬉しい、美味しい、ありがとう、御馳走様」

ってさらっと言えるところに益々惹かれた
結婚を機会に俺は嫁提案で
嫁のマンションに転がり込む形で家を出た

でも馬鹿だから実家から電話来たらノコノコ出向いてた
嫁はなんとなく連れていかなかった

ある日、俺が実家に行こうとすると
嫁もついてきた
実家についても嫁は挨拶以外はひたすら無言、
テレビぼんやり見て、空気みたいな感じ

俺は嫁らしくないなって思ったけど
やること多すぎて嫁放置
ぼんやりテレビ見てる嫁に
母親もその時家にいた妹も嫁の存在忘れたみたいだった
で、俺にたいしていつもの

「使えねーな」

って台詞を妹がいつもの調子で言った
母親も「本当にねえ」って続いた

スポンサーリンク

そうしたら嫁、ソファーから立ち上がって二人に

「使えないなら使わないでください、ずっと使わないでください」
「その分私が大切に使いますから」

って言った
で、帰ろうって俺の手握ってそのまま嫁運転で帰宅
妹(光合成)がピザ頼んでから帰れよ
使えねーなって言ってきたけど

「やかましい!」

と一喝してた
その夜、嫁が泣いて俺に頭下げてきた
お願いだからあの家には行かないでくれって
自分が嫁泣かしたんだって俺も泣いて謝った
そして嫁の言う通りにしようと思った

嫁に言われて俺は携帯から実家連中を着拒
俺が携帯に出ないから母親らは宅電にかけてくる

母「息子を家によこせ!!困っている!!」
嫁「(俺は)現在私が使用中です、なので無理です」

でガチャ切り
俺が実家と縁を切ってまだ一年も経ってないが
実家はかなり荒れてるらしい
庭も家族間も、弟妹の素行も
きっと俺のやってたことを
四人で押し付けあってるだろう

あれだけ仲良しやってた奴等が
険悪になってると思うと笑いたくなる
ざまぁと思う程度には
俺もまともになれたんだろうか
全部嫁のお陰なんだよな
実家と俺を切り離してくれたこともだけど、
毎日

「結婚してくれてありがとう」

って言ってくれる
ありがとうって言われるのがとても嬉しい
俺こそ嫁にありがとうって言いたい

確かに自分に酔ってるかもな
嫁のしてくれた事を誰かに自慢したかったけど、
事情がこんなだから知り合いとかには言えなかった
スッキリした

明日は嫁と一緒にちょっといいもの食べに行こうと思う

スポンサーリンク