大変なお母さんを支えようとしたが・・「お母さんが私を独りにしたからだ」と気付いた私は

うちの母親はタクシードライバーをしている。
というのも両親が離婚して、
当時小学生&中学生だった私と姉を育てるため。
朝6時に家を出て翌朝6時に帰ってきて、
その日は一日殆ど寝て、次の日また出勤。
とても大変な仕事だと思う。

だから私も一所懸命勉強しいい大学にいって
いい会社にいって母を支えようと頑張った。
けれど大学院に進学したら「頑張りすぎ」で鬱になってしまい、
ここ数ヶ月は自宅療養。

スポンサーリンク

一人暮らししていた家を引き上げて
実家に帰ったが、とても居たくない。
居たくない。実家に居たくない。実家を離れたい。
なんでこんな風に考えるんだろう?
と時間をかけて考えてみたら、
「ああお母さんが私を独りにしたからだ」と気付いた。

母は、この十年間程で三人の男の人と付き合った。
再婚するかも~♪と連れてきたことがあるひとが三人というだけで
もっといるかもしれない。
そして彼氏のできるたびに、
弁当を作って届けたりデートだ旅行だと家を空けていた。
中学生のとき、風邪をひいているのに
彼氏を優先されたこともあった。
中・高のお昼はコンビニだった。
夕飯は学校に行っている間に作られたものを
独りで食べていた。
小学生のころから姉はバイト、
母はデートで私は家に独りが殆どだった。

スポンサーリンク

母は頑張っているのだからと
私は不満をいつの間にか押し殺し、
頑張ってるんだから大事にしてあげなさいと
周囲にも言われていた。
それでも無意識に私は何度か家を避けようとした経験が
あった(留学とか)。

しかも母はそれに気付いていたという。
「取り返しのつかないことをしたって分かってるわよ」と言っていた。
彼氏には会えばいい、だから私にも執着しないでくれと言えば
「そうはいかない」と言う。
けれど彼氏には会いに行くし
やはり私は独りにすると言う。
そもそも母がこうなのも
母の幼少期に問題があったのだが、
カウンセリングにもいかないと言う。

とにかくこの人は自分>>>>私なのだと気付いてからは
嫌悪感が凄まじく、
話す→家を出る→父にお金を借りる→家を探す(この間は父&祖母宅)→バイトを探す→引っ越す
をこなしたこの二週間が修羅場。

今日は公務員試験の最終面接日。
後がないので、精一杯頑張ってこようと思う。

補足ですが、学費(留学・塾等含)は父持ちです。
私も高校時代からバイトをして、
食費分くらいは家庭に入れていました。

他にも宗教狂いやら色々ある母ですが、
今後は必要以上に接触しないでいきたいと思います。

スポンサーリンク