お金は沢山ある。夢も希望はない。健康な身体も残った時間もない。子供もいない。失うものはなんにもなくなったよ。

物心つく前に父と母が離婚して、メンヘラの母親に引き取られた。
電話の子機がバラバラになる勢いで殴られたり外がカピカピ、
中がドロドロになった白飯を食べさせられたりした。
軒先きで子猫を生んだ猫一家を殺せと迫られたりもした。
寝てたら突然頭を掴まれて窓ガラスに叩きつけられたし、
玄関に蹴りつけられる→母親のもとに這い寄る→蹴りつけられるの

狂ったサッカーをしたこともあった
「朝になったらお前を捨てる」と言われてナップサックに荷物をまとめて、
朝になるまでトイレで泣きながら捨てられる時を待ってた時もあった
当時の分裂症、今の統合失調症だと診断が下ったらしく
嬉しそうに話してる母親をなんにも感じずに眺めてた

高校生一年の春、児童相談所に保護されて里親に渡された。
一番目は教師をやってる家庭。
喋らない、笑わない人間が気持ち悪かったらしく半年で戻された

二番目は天理教の教会。
宗教の強制をはじめとして耐えられずに今度は半年でこちらから逃げた。父方の祖母の家に

スポンサーリンク

父はその頃再婚していて、
引き取りたい気持ちはあるんだ。でもできないんだ。
お前を愛してるのは本当なんだよと言われたけどどうでも良かった

とにかくバイトを沢山して、ある程度お金が溜まった頃一人暮らしになった。
高校三年生くらいの時だったと思う
そんな中でも勉強は続けていて、
学年で十番から下に落ちたことはなかったから大学に進学しようと
動き始めたけど勿論父はお金なんて出さない。気持ちはあるらしい。
キチガイの母親になんて勿論無理
せめて奨学金と書類のサインだけは頼もうと
両方に連絡を取ったけどあれやこれやと理由をつけて断られた

はっきりと断られたのは書類提出の前夜で、
もうどうにもならなかったから諦めた

「めげずに頑張るぞ」なんて思える下地なんてなかったから、
卒業までバイトを続けて、卒業式のその足で夜の店の面接に行った。
メイドコスプレのやらしい店。
その時初めてどころか男性と手を繋いだこともなかった

私が初めてみた男性の裸は夜の店の店長。一足飛びすぎるよね
しばらく死んだ目で夜の店を続けてたけど、
半年くらいで大企業の部長クラスの年収分はたまったからお店を休業した

「必ず戻ってきてね」
と言って寮とは別に家を借りてくれた店のことはありがたく思ってる。
中々見つからない高校出たての商品だからなんだけど、

それでも口だけでなにもしてくれない父親や児童相談所、
親せき、他の大人よりも何倍も頼りになった

休業中、興味のある仕事を見つけてびっくりした。
自分にも夢を持つ心があったんだと驚いたけど

どうせ自分一人の人生だから気兼ねすることもないと思って
その仕事をはじめた

まだ未成年で、生活の基盤とか賃貸の問題とか
その他諸々で話のわかる大人やお金は必要だったから夜の店も片手間に続けてた
片手間でもそこそこのお金はもらえてた。
今思うと高校一年生以降はお金に困ったことなんてないから、
家族運に恵まれなかった代わりに金運が凄くいいんだと思う

仕事も覚えはじめて、
夜の店も辞めてしばらく経った頃同業者の人と付き合いはじめた

業界で評価されてる、
年上でバツイチだけど頼り甲斐のある人で私でも人に必要とされることはあるんだ、
好かれるなんてドラマや映画や本の中だけの出来事じゃないんだ。
そういう夢みたいな世界に私も関われるんだと嬉しくなった

私の方が早く仕事が終わるから、
料理を作って毎晩待ってた。

仕事が忙しい人だから毎日その人が寝付くまでマッサージしてた。
この服が好きだと言われたら似たような服ばっかり買って、
映画を一緒に観たり、美味しいものを食べに行ったり、

綺麗な景色のところに行ったり、温泉に行ったり、
なんでもかんでも楽しくて仕方がなかった

あー、幸せだなあこのまま結婚できたら
私の人生も捨てたもんじゃないな。子供ができたら、
私がされなかったことを沢山してあげようと考えてた

それまで世界が憎くて憎くて仕方がなかったけど、
その時ばかりは昔の記憶なんて気にならずにずっと幸せな気持ちで過ごせてた

それから一年後、その人との付き合いは続いてた。
私の家にその人が毎日帰ってくる形だったのが、きちんとお家を借りて同棲状態になってた

私は毎日その人のために朝ごはん、お弁当、夜ごはん、軽食を作って。
それで、仕事をやめて携帯はその人への定時連絡用のガラケーを持たされて、
外部への接触は禁止で、玄関には南京錠が掛けられてて、
もっと努力しろ努力が足りないと言われるのが主な会話になってた

その時私がなにを感じてたかはよく覚えてないけど、
それでも将来のことを考えてた。一緒にいたいなあ、
この人の死ぬまで同じ家で暮らしたいなあって思ってた

それから半年後くらいに、
生理が来なくなって検査してみたら陽性と出た。報告したら、
堕ろせと言われて本気で訳がわからなかった

人間を、しかも自分の子供を殺せるわけなんてないのに
なにを言ってるんだこの人は?堕ろすわけないでしょ?と言っても話し合いは平行線

それなら仕方ない、私一人で育てる。貴方からお金ももらわない。
認知もいらない。きちんと育てる。と言った

本気でそのつもりだった。
どんなに好きでも男より子供を取るのは当然で、

相手が見捨てても母親だけは子供を見捨てちゃいけないんだって
心の底から思ったから

母親からあんな育てられ方をした人間が
そんなことを思えるのが不思議だったけど、本能だったのかなあ

私が本気だと分かったんだろう
その人が言ったことは「俺は結婚してる。子供もいる」だった

頭が真っ白になったあと、
どれくらい経ったか分からないけど

突然自分が子供(相手の奥様の子供)虐げる側にいたこと、
男に汚い母親と同じ人種になってたことを理解して、
多分取り乱したんだろうけどよく覚えてない。
多分泣いたか怒ったか、なにも反応しなかったかのどれか

青天の霹靂すぎて頭が追いつかなかったんだと思う。
二年間も付き合ってて、毎日帰ってきてて、

私を束縛する時間的余裕やそれにさく精神的余裕もあって、
既婚者だなんて思う訳がない。
最初にバツイチと言われてたのもあって余計に

気が付いたら有り金全部かき集めて、
日本半分の土地に引っ越してた。その間一週間くらい?

呆然として新居にへたり込んでたけど、
「子供のために病院行かなきゃ!」と気が付いてすぐに産婦人科に駆け込んだ

これからは子供のためだけに生きよう。
きちんと愛して、教育の心配もさせず、色んなとこに連れてって、
誕生日もクリスマスもお祝いしてあげようとそれだけを考えて受診した

結果は、お腹の中で死んでた。
それからはぼんやりしてる。
死んだ子とはずっと一緒にいたかったけどそうも行かずに、お腹の中から引きずり出した
せめて復讐してやりたいと思って興信所に依頼したら
「例え既婚者と偽ってたとしても現在別れてるなら調査はできない。
法に触れるから」といわれた。弁護士からも同じ返事だった

私を騙してた人間に、またすり寄って夜の生活しろってことなのか?
どう考えてもそんなの間違ってる。
と思ったけどそう言われてはどうしようもなかった

それから二年間、夜の店に逆戻りしてひたすらお金を貯めてきた。
最近体調が思わしくなく、検査をしたら紹介状を書かれたので
大きい病院に行くとガンだと言われた。私の年では珍しいけど、
同棲してた時にしてたある事が進行の早さの原因みたい

お金は沢山ある。夢も希望はない。
健康な身体も残った時間もない。子供もいない。

失うものはなんにもなくなって、
さあこれからどうしてやろうかな、と思っているのが今。

暗くて長い話なのに、聞いてくれてありがとうございました。
ただ聞いて欲しかっただけですが、
それでもこんな人間もいるんだなあとお茶請けにでもして頂ければ幸いです

スポンサーリンク