バツイチ子持ちの私に独身同僚が告白してくれた。プロポーズされた矢先に彼が障害者になった。

私も会社の同僚も30代前半。
私はバツイチ子持ちで、子供は小学校高学年、
離婚後7年くらい。

離婚原因は、元旦那の浮気で、
特に旦那親の介護中に浮気相手が妊娠したことで別れた。

同僚は独身で結婚歴なし。

告白されたけど子供のこともあるしと断り、
それでも数年にわたって何度か告白されていた。

デートする時間あるなら子供と過ごしたいし、
恋愛はもういいかなと思っていたけど、
数年経って子供が大きくなって
私が休みの日でも友達と遊びに行ったり、
母ちゃん好きな人いないの?
俺父ちゃんができたら嬉しいなとか言いだしたりして、
ちょっと同僚とのことを前向きに考え始めていた。

そんなある土曜日、
子供は出かけたので、昼間に同僚と会った。
楽しく過ごし、夕方ごろ息子から
今日婆ちゃんちとんかつだから泊まる、
明日は婆ちゃんちの棚を直したり
電球替えたりしてから爺ちゃんと出かけるから
夕方帰るとメールが来た。

近距離別居の実母がいて、
離婚後から出張の時とか仕事で遅くなる時は
よく預かってもらってたんだけど、
同僚との事に気づいているのかいないのか、
あんたいい人いないのとか言いながら、
息子の好きなメニューを出したり
用事を言いつけては泊めてもらうことも増えていた。

同僚にそのことを話すか迷いながら、
そろそろ夕飯の支度?と気遣う彼に、
今日は平気だから夜ご飯一緒に食べようよとだけ誘って、
しばらくデートした。

そしたら同僚が夜ご飯の時、
指輪を出してきて、プロポーズされた。
嬉しい、でも私1人では答えが出せないから
今度息子に会って欲しいと返事をして、
初めてのお泊まり。

正直、息子との生活は幸せだったけど
大変なことも多かったから、本当に嬉しかった。
何年も告白し続けてくれて、
息子のことも気遣ってくれる優しい同僚だったし、
息子にもお父さんができるかもしれないと嬉しかった。

その後、次の週に息子と同僚初対面。
同僚は小学生男子が好きそうなものを調べてきていて、
一緒にサッカーもして、うまくいったように見えた。

帰宅後、息子が
今日のおじさん面白かった、また遊びたい、
もしかして彼氏?
彼氏だったら嬉しいなぁというのを聞いて、
中学入学前までに名字が変えられたらいいなと
前向きに考えていた。

同僚の方も、すごく楽しかったと言ってくれ、
親に話そうと思うと言ってくれた。

30代前半初婚なら、
バツイチ小学生子持ちは反対されるかもと
覚悟はしていたけど、大賛成ではないけど
息子が何年も告白し続けるくらい好きならば
という感じで、そこまで反対もされなかった。

うちの親も息子と同僚が遊ぶ姿を見て大喜びし、
息子私同僚の3人で過ごすことも増えた。

公園にいた時、知らないおばさんに
息子の目元がパパそっくりねと言われて同僚が涙ぐんだり、
息子が嬉しそうにその事を親に報告しているのを見て、
あとはいつ息子に再婚のことを話そうか
というところまでいった。

そんなある日、同僚が事故にあった。
詳細は省くけど、会社勤めはもう無理で、
ちょっと介護が必要な障害が残った。

私1人の給料で、
息子を大学までやることはできそうだったけど、
同僚の医療費や介護をしながらは
とてもじゃないけど無理だった。

そんなちょっとの迷いが顔に出ていたのかもしれない。
同僚は、はっきり結婚の話はなしでと言った。

私1人ならお前の気持ちだけで決めることだけど、
息子くんがいるんだから、
息子くんを何よりも優先しなければいけないと言われた。

スポンサーリンク

結局、結婚はしなかった。
向こうの親に罵倒されたり、
息子におじさんとまた遊びたいと何度か言われたり、
細かい修羅場はたくさんあった。

同僚は退職して実家に帰り、その後連絡はとっていない。

私はそのまま働き続けて、息子も大学に合格し、
今月末から一人暮らしをする。

母ちゃん、今までありがとう、
再婚もせずに大変だったと思う、
これからたくさん恋して、
びっくりするような若い男と結婚してよと
初めて息子に言われて、
バイト代を貯めたらしく温泉旅行に一緒に行き、
エステのチケットをプレゼントされた。

最近、昔のことをすごく思い出している。
息子は事故のことは知らないし、
同僚の事もあのあとしばらく経ったら
話題に出さなくなった。

実母には、仕方のないことだった、
そういう縁だったと言われたけど、
これでよかったんだろうか、
同僚を支えて一緒に家族になっていたら
という思いがずっと拭えない。

息子は口悪いけど、
いいやつのまま育ってくれたなと思う。
息子は大学の学費はかからないし、
もう私の役目は終わったなと
充実感というかほっとする気持ち半分、寂しさ半分かな。

ずっと気にはなってたけど、
でも我が家には余裕はないんだって
言い聞かせながらここまできて、今更すごく後悔してる。

息子もあの時懐いていたし、
家族3人で力を合わせて
なんとか頑張れたんじゃないかとか。

デモデモダッテかもしれないけど、勇気が出ない。
連絡したいってずっと思ってたし、連絡先も消せてない。

けど、あの時事故で障害が残る同僚を捨てたのは私だし、
それから10年以上経ってる。
息子の手が離れたからって今更連絡来ても困らないかな。

うん。もしかしたら結婚してて、
可愛い奥さんがいるのかもしれないな。
それはそれで幸せになっているなら嬉しい。

返事をするかしないか選べるように、
手紙かメールにしてみようと思う。
緊張するけど、頑張ってみようと思う。ありがとう。

勿論私の身勝手だし、連絡を取る以上、
同僚が受け入れてくれるならば
彼や親御さんの介護もするつもりでした。

ただ奥さんがいたら今更連絡はできないなと思い、
彼の近況を知っている人がいないか
共通の知り合い、つまり会社の方々に聞いてみました。

同僚は亡くなっているそうです。数年前だそうです。
あと、彼の親御さんも。

教えてくれた人は、
彼が亡くなる数年前まで何度か会ったそうで、
私の息子のことを、
もう高校生になったんだろう、写真見た?
母ちゃんと写真撮るなんて嫌がるかな、
背はどれくらい高いのかな、
彼女はできたのかな、
サッカーはまだやってるのかなと、
気にしていたそうです。

教えてくれた人も息子とは
社内のバーベキューなどで小さい頃は何度か会っているし、
私が会社で話していたことを覚えてくれていたようで、
金髪になったらしいとか、彼女にフラれたらしいとか、
どこでバイトしているらしいとか、伝えてくれたそうです。

同僚は、そうかそうかと面白そうにしていたとか。

あの時、介護も医療費も私に任せて、
結婚しようとなんで言えなかったんだろうと
何度も思いました。
でも、やっぱり何度考えても、躊躇してしまう。

今でもどちらか1つだけと言われたら、
申し訳ないけど息子を選びます。
でも、本当に1つだけしか選べなかったんだろうか。
両方選ぶことはできなかったんだろうか。

スポンサーリンク