前世で旦那が村長だった時いつも料理を出したり掃除してたり周りの家事をしていたのが私なんだって

主人と出会ったのは学生時代、友達の紹介でした。
初めて見た瞬間、あっこの人だ!
絶対に手放してはいけない、あとで後悔する、と思いました。

それからは私からの猛アタックでした。
私の手料理を食べて貰う為に、
住んでいるアパートに来た時にご馳走しました。
容姿には自信がありませんが、
手料理には自信があったのです。

その後、旦那さんの胃袋を掴んだ私は
いつも夕食を共にしました。お互い大学の講義が終わったら、
私のアパートに来て手料理をご馳走して…もう半同棲状態になりました。

スポンサーリンク

社会人になってもお付き合いは続いて、1年後に無事結婚することが出来ました。
もう毎日手料理を旦那さんに作ってあげることが幸せです。
主人にも料理中に鼻歌が聞こえてるよと良く言われます。

結婚してから10年が経過しています。私は短大を卒業してから、
ずっと保育士をしています。子どもが大好きで毎日が楽しいです。
あいにくまだ子どもがいないのが残念です。
現在も不妊治療を続けています。

主人は会社内の総務関係に配属されています。
どうやら周りからまとめ役というか、段取りが上手いのか、
重宝がられています。卒なく仕事をしているのが私から見ても羨ましい限りです。
みんなのまとめ役と言ったところでしょうか。

そんな主人が先日、街中で占いをして来たよと話しはじめたのです。
その占い師はおもに霊視も出来るようで、
私達の夫婦関係も携帯の写真を見せて見てもらったそうなのですが…

スポンサーリンク

主人は前世で、村の長(おさ)のような仕事をされていたようです。
大きな家の中で常に村人の中心で、日頃の困ったことや相談事に対する人々で
周りにはいつも人だかりがいたようです。
囲炉裏の周りと言えばいいのでしょうか。

今の主人の仕事もそうだなあと思って聞しまいました。
前世の仕事をそのまま引き継いで同じような仕事を卒なくしていて
妙に私も納得しました。
仕事を選ぶ際にも自然の流れで行き着く職業を選んだのでしょう。

「…で俺が昔、そのような庄屋というのか村長(むらおさ)みたいな仕事をしていた時に、
いつも料理を出したり掃除してたり周りの家事をしていたのが君なんだってさ」
『えっ?』
「その家にたくさんいた女中さんの1人だったんだって」

それを聞いた瞬間、身体中の鳥肌が立った感覚におそわれました。
そして全てを理解した気持ちにもなったのです。頭にフラッシュバックして来たのです。

私は前世で当時から主人が大好きで、遠くからいつも見ていました。
あの人の為に美味しい料理を作ってあげよう、
周りの家事をいつもしてあげなくてはと…

でもその恋は実らずに、ずっと見ているだけでした。
今度違う人生が始まったら、何もいらないから主人と一緒になりたいと
いつも思っていた前世の頃の思い出…

それが今回の衝撃的な話しでした。スレチだったらゴメンなさい。
けど、もしかしたら皆さんの恋人、夫婦、ご家族は前世でも
繋がりがあるのかなと思ってしまいます。
もちろん、占いも霊視も夢見物語だと思っていただいて結構です。

朝4時に目が覚めて眠れないまま朝を迎えました。
ベッドの中で暇だったものですから投稿してしまいました。
隣で主人の寝息が聞こえています。
いつも一緒にいる幸せを感じながら生きていきます。それでは。

スポンサーリンク