生まれつき身体の一部に障がいがある私に担任「私さんに謝りなさい!」

私は生まれつき身体の一部に障がいがあって、
体育はいつも見学でした。
生まれつきだから、そんなに悲観もしてなかったし友達も普通にいたし、
歩くのに少し不自由なだけであまり人の手助けが必要という訳でもなかったから
私自身は体育には出ないけど普通の生徒のつもりだった。

小5になって新しく赴任してきた女の先生が担任になって
少しずつ変わってしまった。

朝、登校して仲のいい友達Aちゃんに

「なにーその寝癖wヒドイ髪型w」

と笑われた。

スポンサーリンク

「寝坊してさーw何度起こしても私が起きないから、お母さんが怒って
車では送らないよ!って言うから顔しか洗ってないのw」

と笑っていたら、担任が

「Aさん!私さんに謝りなさい!
私さんは障がいがあってみんなより大変な生活をしてるの!
それなのに寝癖を笑うなんて!」

とみんなの前で怒りだした。

私たちからしたら、いつもの会話だったので2人ともポカーン。

「いや、先生、今日は私が寝坊して…」

と言っても

「いいのよ、他の子は寝坊しても走ればいいけど、あなたは
走れないんだから他の子とは違うことは分かってるから!」

みたいな答え。

「いつもこんな感じの会話なんで…」

と言っても

「いくら仲良くても言っていい冗談と悪い冗談があるの!
今のは障がいのあるあなたに言っていい冗談じゃないのよ!」

だって。
それからも、いつも通りの会話やいつも通りの行動で

「私さんにそんな事言ってはいけません!」

スポンサーリンク

と言われたり、私が普通に今までやってたことでも

「私さんのお手伝いをしてあげなさい!」

と言われるようになりクラスメイトが、
少しずつ私から距離を取るようになった。

今まで仲良くしてた子も、よそよそしくなって、話してはくれるけど
気軽に遊ぼう~って言えない雰囲気になり、私もまた私のせいで
友達が怒られるかもと思うと積極的に輪に入りに行けず、
親になんと話していいか分からず帰って1人で泣くこともあった。

クラスメイトは誰も悪くないし、謝ったり仲直りしたりして
元に戻る訳ではないので、どうにもできず修羅場だった。

でもなぜかたった1年でその担任は
別の学校に異動になり、6年になってから
違う担任になり、その担任は私が1年生の頃からいた先生なので、
私が運動以外は健常者と変わらないと分かってくれてたので
みんなと同じように扱ってくれたから、だんだんクラスメイトも
前のように戻ってくれて、また冗談言い合える仲に戻れた。

中学に入ってある人から

「実は5年生の時にAちゃんが
『私ちゃんのことで担任に怒られて私ちゃんと友達でいれなくなる。
担任のせいで私ちゃんに友達がいなくなっていく』
って泣きながら親に相談したら、Aちゃんの母親が校長先生に相談しに行ったんだよ」

って聞かされた。

担任が異動になったのは、それが原因かは分からないけど、
そういえば5年生の二学期の途中から
突然うちのクラスにだけ副担任がついたり
校長先生がよく見回りに来るようになった。

もう10年以上前の話だけどAちゃんとは今でも親友。
最近になって今でもあの担任が教職についてて
教頭になってると聞いてまた心の中が修羅場だった。

スポンサーリンク