【因果応報】隣のDQNおばさんが、母にネチネチ嫌みを連発してくるようになった

小学生の時に外国から日本に引っ越した。

母は外国生まれ外国育ちだが見た目は日本人。父は普通の日本人。

引っ越して間もなく家の隣に住んでるおばさんが、

母にネチネチ嫌味を連発してくるようになった。

ある時、おばさんが母をホームパーティーに招いた。

 

「絶対何も持ってこなくていいから!うちの近所のルールなの!」

 

とかなり強めに言われた為、

手ぶらで参加したら全員おかず一品持ち寄ってきていて見事にハメられた。

さらに、別の日には家に上がり込んで、

アンティーク小物を盗んで行ったりした。(私が盗んでる瞬間を目撃)

 

母は内気で何も言えないタイプで、私はかなりヤキモキ。

母が何もしないなら、私が何とかしてやる!!!と決意

おばさんが他の近所の人と井戸端会議中に「こんにちは!」と笑顔で乱入。

 

「うちのお母さんこの間、おばさん家に行った時おかず用意してなくて

ごめんなさい・・・」

 

と落ち込み気味に言った。

その場にいたおばさん以外の奥様たちは

 

「あ~!いいのよ!気にしてないよ~」

 

と笑顔で対応。

スポンサーリンク

 

「おばさんが、この近所のルールで何も持ってこないでって言ってたから、

本当だと思って。何回も確認しても、持ってこないでって言ったから・・。

でも、うちのお母さん落ち込んでた・・・」

 

と話すうちに悲しくなってきて泣く私。

すると面白いように奥様たちが

 

「え・・・〇〇さん、それ本当??

私たちにはおかず1品ずつ持ち寄りって言ってたよね?」

 

とおばさんに詰め寄る。

 

おばさん「いや・・私はそんなこと言ってないし、

持ち寄りって言ったんだけど~」

 

としどろもどろ。

 

私「おばさん何で嘘つくの!?あと、家の物勝手に取らないでよー!

おばあちゃんからもらった物なのに~~~!」

 

と号泣。

 

「勝手に取るってどういうこと?」

 

と聞かれたため、目撃したことを告発。

取られたものを事細かに説明。

 

「それ!!!〇〇さん家で確かにみたわ!!」

 

となりおばさん家に無理やり確認しに行く→発見→おばさん謝罪

という流れに。その後おばさんは孤立した。

おばさんは数年後引っ越していった。

子供だったから出来たことだと思う

スポンサーリンク