娘が生ハムに醤油をかけて食べてみたいのに皆んなに怒られたと泣いてた

主人、私(妊娠後期)、娘4才発達グレー、
義両親と完全同居してます。

数日前に晩御飯直前に私がお腹が張り、
寝室で休んでいたら娘が泣いて此方に来ました。
話を聞くと生ハムに醤油をかけて食べてみたいのに
皆んなに怒られたと泣いてました。
そこで私が『主人に少し位、醤油をつけて食べても良いんじゃない?
生ハムはしょっぱいから、醤油をつけて食べたら凄くしょっぱいよ?
と娘に言い聞かせて食べさせてあげてよ。』
と言いました。

スポンサーリンク

主人は「駄目だよ。ただでさえ生ハムは
しょっぱいのに醤油なんかをつけたら塩分の取り過ぎだろ。
それに食べ無いに決まってる。
元々しょっぱいのが好きなのにこれ以上困る。」
私は『これ一回だけだよ。
と言い聞かせて一滴位かけてどれ位しょっぱいかわからせてあげたい。
それに絶対に吐き出したりし無いか約束してあげればいい。』
と義両親の前で言い合いになりました。

話し合いは平行線で、
そこに義父が息子の言う通りあんたは従ってればいいと
言いました。
私は聞いて無いふりをして、主人に
『最近食に拘りが有る娘に色々な味や物を挑戦させてみようと
話し合いをしたばかりじゃない?
それに自分(主人)だって小さい頃は味で色々な事をしてみたんじゃない?』
と言ったら、義両親の何かに触れたのか大声で
《あんたはウチの育て方に文句が有るのか!
出された物に味を足したりさせた事などない!》
と義父が言い、義母が最近娘は塩分取り過ぎだと思うと言い、
主人も色々な味に挑戦させるのは良いと思うから今回の生ハムは理解した。
だけど塩分取り過ぎに注意し無いとと言った途端に、
あーどうでもいいや。と思ってしまい食事場を離れました。

塩分の取り過ぎと言いますが、元々料理は薄味を娘に与えていましたし、
豆腐に一滴ポン酢をかけたり、餃子一個に対して一滴一滴、
タレをかけてあげてた位です。

凄く長くなってしまいましたが、それから寝室に篭っていたら
色々な事が頭をよぎってあーそう言えば、娘の育児にも義両親が口を出して来たなぁ~
それに対して主人は私に理解を示しながら結局は義両親に従ってばかりだったなぁとか
台所も義母仕様っで私が買って来たのは切れなくなったから買った包丁や焦げ付きが、
激しいから買ったフライパン、壊れたから買ったピーラー。七年でこれだけ。
トイレットペーパーも私が選んだ物は2ロール使ってあとは義母が選んだ物。

スポンサーリンク

風呂場は私が使っていた身体洗いスポンジは
いつの間にか捨てられていて、今は主人と共同で使う。
共同同居部分には娘のおもちゃ棚一個だけ。
七年同居して私が選んで使っているのはこれだけ。
娘も結局4分の1だけじゃないの?私いらないんじゃない?
そんな思いがジワジワ来て共同部分に行くのも嫌。
寝室に篭っていたい。向こうに行くと胃かお腹が痛くて気持ちが悪い。

娘も何だか自分の娘なんだけど、
違うみたいに感じて、前よりも関心が薄れていった様な気がします。
泣いてても、あーなんか泣いてる。でも皆んなが居るから大丈夫でしょうとか。
ママが良い。とか言われてもあーそうなの?
でもパパにお願いしてね。ママ知らないからね。
こんな態度を娘にもとっていってしまいます。

でも今度産まれる子は絶対に渡したくない、
名前も私が考えた名前をつけたい。
義両親と主人が反対していたけどこの名前じゃなきゃ嫌だ。
私だけの子でいて欲しい。なんて考えが出てきてます。
主人にもこんな考えに、なっちゃった。

どーしてだろう?と話し合いをしましたが、
別居は絶対に出来ない。
我慢と努力して屁理屈な考えはやめて前みたいにして欲しい。
そればかりです。私もそれは今は無理。
で話し合いは平行線で終わりました。
これからどうなるんだろう?
どうしようもないんだろうなぁ。

主人に今の私の気持ち、口で上手く言えないので見て欲しい。
と見せました。
見せましたところ、始めは怒っていましたが、
だんだんとお互いに思っていた事が話せる様になっていき、
最後はこれからどうするかを素直に言い合えたと思います。
別居は出来ないが、近日中に近くに安い部屋を借りて
私と娘が日中落ち着いて過ごせるスペースを作る。
義両親に育児や習い事や発育の事は口出しさせない。

生ハムの事の様に何か言い合う時は、
義両親や娘の前ではお互いにやめて、
一度寝室に2人で行って話し合いをする事。
私は今度の検診の時に自分の状態を医師に言い、
心療内科を紹介してもらう事。
娘と出来る限り向き合い、寝室からなるべく出て
日常を過ごせる様に頑張る事。
こんな感じでお互いに妥協案を出せました。

娘の事も今はまだ薄い膜が張った様な感情が有りますが
昨晩、ママがイイ。1人は嫌だよ。
抱っこして欲しいと言った時に、
胸が締め付けられる気がして、
泣きながら抱っこしてました。
2人だけの空間だと娘の事を思うと感情が溢れると言うか
ざわざわします。

スポンサーリンク