追突事故を起こした相手が、名刺を置いて消えた

通勤途中に追突事故を起こした。
私19歳、相手63歳男性。
その相手がサツ人鬼だったことが修羅場。

事故→私が警察を呼んでいる間に
相手は名刺を置いていなくなる。

警察が名刺を見て

・この会社は数日前に負債額2億で倒産している。

・数年前に前社長が亡くなり、次期社長争い勃発。
前社長一族の家が放火により焼失、
工場も放火により焼失、
前社長長男と当時の専務(無血縁)がころされる。
結局県外で働いていた前社長次男が社長に。

スポンサーリンク

・上記の物騒なことが起こったにも関わらず、
当時の社員はそのまま勤めていた。

というような事を教えてくれる。
警察による検証などを終え、会社を休み帰宅。
夜中2時頃に相手から電話。
「なぜ警察に連絡したのか」
「詫びの一つも持ってこられないのか」
「お前は一人暮らしなんかして可哀相だ。
親に面倒見てもらえないなんて
愛情が足りていないに違いない。」
などと 言われ、

ヒステリックな奥さん、
35歳の娘さんなどとも会話する(毎日やられる)
色々あって、数日後相手が我が家に。
手には凶器。
ころされかけ、たまたま通りかかったおじさんに助けられる。

相手は御用となり、
警察が話していた放火やサツジンは
相手がやったものだということも分かった。
しかも、実は高校生の頃からサツジンを犯していたようで、
ざっと30人近くはあやめているということも分かった。
ヒステリックな奥さんも幇助していたとかで塀の中だそう。

おじさんがたまたま通りかかってくれなければ
私はころされてたんだと思うとゾッとする。
大雪の時に事故ったので、この時期に大雪が降ると思い出す。

スポンサーリンク

45年以上前から気に食わないことがあると
ちょこちょことやっていたそうで、
警察が事件扱いにしていたもので
裏が取れたのは上記のさつ人含めて8人ほどだそうです。
でもうち4人は時効だったとか。
自供で「俺は28人ころしてるんだぞ!」とか言っていたみたいです。

本人はまだ塀の中です。
現在40歳過ぎの娘さんだったとしたら怖いですが。

火事とサツジンの件は地元でニュースに、
倒産は全国でちょろっとニュースになったみたいです。
火事とサツジンの時は他県に住んでいたため知らず、
倒産もニュース見ていないので知らず。

私がころされかけたというのは
地元TVと地元の新聞でニュースになりました。
その後新聞に『過去のサツジン自供』(だったかな?)
という見出しで小さく小さく載っていました。

ほんとおじさん様様でした。
ゴミ捨て場で挨拶するくらいの
名前も知らない人だったんですが、
でっかい声で「コラー!何やってるー!!」
って言ってくれて近所の人が集まってきて助かりました。
おじさん曰く、私が挨拶するような子じゃなければ
知らんぷりしてたかも。と。

そして今、相手は塀の中です。
ほとんどのサツジンが明るみに出なかったのは、
その地域がどどどど田舎だからだろうと
私の上司が言っていました。
代々生粋の県民でも
「どこ、そこ?」って言うような地域です。

それが、
自白で事件との関連性は裏付けできても
確実な物的証拠が見つからないため、
私へのサツジン未遂罪だけが適応されて無期懲役だそうです。
一応無期なので出てこれないとか。

スポンサーリンク